Finding employment.Kentablog

こちらはどうしようもない学校出身の人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。350名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活法を公開中

協調性が求められる時代は終わった。世は『シナリオ力』誰でも持ってるのに表現できていない能力❗️

んにちは

賢太です。

 

残り一ヶ月半ほどで

蒸し暑くクーラーが手放せない日々が終わりますね。

 

自身、

今年は夏を満喫できています。

 

先週、足立の花火大会に行ってきました。

そして来週、板橋区の花火大会とBBQに行く予定です。

 

もちろん仕事をするのも重要ですし

就活に一生懸命になるのは大事です。

 

もやっぱり、

人生楽しんだほうが良いのでオンオフ付けて

『遊ぶときは遊ぶ』という循環が良いですね。

 

何をするにも

『幸せを感じる。楽しむ』という事が前提で

行動できるものだと思いますので。

 

f:id:hkentaeigyou:20180730155637j:image

 

んなくだらない話はこの辺にして

アナタに質問したいことがあります。

 

 

就活で志望企業に行く人

社会人で結果を残している

 

この人たちは

どんな能力があると思いますか?

 

多分、このアンケートを

全大学生と全社会人に取ったら

 

80%以上が『コミュニケーション力』

と答える気がします。

 

メディアや就活本が

あんだけ『コミュニケーション力は大事』と連呼すれば

そのような認識になるのは当たり前ですよね。

 

みに

僕自身が就活をしている時も

『コミュニケーション力か。。俺無理じゃね。。』

こんな感じで絶望した時期がありました(笑)

 

実際、10年前は

『コミュニケーション力.学歴.実績』

この三拍子が『就職を制す』と言われてました。

 

何故か?

 

世の中が『協調性』を求めていたからです。

 

簡単に言うと

『何でも言うことを聞いてくれる社畜候補生

を求める社会でした。

 

の結果が

長時間労働.過労死』みたいな現実問題を

引き起こす結果となったのです。

 

今現在も

会社によっては長時間労働正義』みたいな

古臭いアホな会社もありますが

 

やっと少しずつではありますが

時代は変化してきました。

 

・フレックス制度の導入

・週休三日制度の導入

 

社員を第一に考える会社は

社員満足度を向上させる施策を打っています。

 

時代は変化しているのです。

 

f:id:hkentaeigyou:20180730155823j:image

 

時代が変化している。。

つまり求められる能力も変化しているのです。

 

では、

今は何を求められてるの?

 

ズバリ!

 

シナリオ力

 

これが求められています。

 

シナリオ力?

 

シナリオを語れる人です。

 

『だからそのシナリオを教えろ!!!』

 

ですよね(笑)

 

簡単に言うと

 

・社会をどうしたいか

・その後にどう変えていきたいか

・今までこんな人生を歩んできました(成功失敗体験)

 

こんな感じです。

 

まだ抽象的ですね。

 

もっと一言でまとめると

 

『自分で決断する』

 

という能力を求められています。

 

f:id:hkentaeigyou:20180730155856j:image

 

こんな風に書くと

意外と簡単なことです。

 

誰でも出来ます。

 

でも意外と

出来る人が少ないというのが現状です。

 

だいたい『自分で決断する』という行為は

追い込まれると出来る傾向にある力です。

 

学の部活を決める時や係決めをする時

 

『〇〇がいるから俺もやる』

『〇〇ちゃんと一緒だったら何でもいいや』

 

これは

明らかに他人任せの決断ですね。

 

僕も中学生の頃

これと同じようなことをやっていたので

『自分は初めから出来ていた』なんて言えません。。

 

 

にこんな事もあったと思います。

 

『中学生の席替えをして

班も決まって残りは係決めだけ

 

副班長や書記は決まって

班長だけずっと決まらないまま。。

 

4人班で係が決まっていないのは

自分ともう一人の子

 

ずっと決まらずめんどくさくなって

「私やります」と吹っ切れて決断。』

 

これは

どんな状況であろうと

自分の意思で決断していますね。

 

このように

追い込まれると『決断する力』は発揮されます。

 

色々話しましたが

『決断する』という事は

就活でかなり大事になってきます。

 

f:id:hkentaeigyou:20180730160011j:image

 

こからは

『シナリオ力』を解剖します。

 

以前話した

表現方法と被る部分もありますが

 

結局、『変化』

企業は求めています。

 

その変化を起こすために

 

・自分の過去の経験

・自分の強み

・どうやって変化を起こしていくか

 

これを語っていくのです。

これを語れば相手に『共感』が生まれて

『ちょっと面白いな。欲しい』となっていくのです。

 

の文章は

僕のLINEを追加された方しか見てないと思うので

暴露しながら『シナリオ力』を語ります。

 

f:id:hkentaeigyou:20180730160154j:image

 

そもそも

なぜ『僕のLINEを友達追加する』という行為を

アナタはしたと思いますか?

 

くまで僕の推測ですが

 

・興味が出てきた

経験談に共感した

・なにか『変われそう』と思ったから

 

多分こんな感じではないでしょうか?

 

際に

 

『共感してほしい』

『可能性を感じてほしい』

 

そんな思いで自己紹介の記事を書いてたので

その思いが少しで伝わって『友達追加』という行動に

至っていると僕は思ってます。

 

f:id:hkentaeigyou:20180730160348j:image

 

去の失敗や経験も語って

現状と変化を語ったから『友達追加』という行動に

移したんだと思います。

 

もし仮に

僕が偽りまくったシナリオ

 

・私は天才だ

・私は頭が良くて生まれた時から結果を出せる人間

・サポートした人は頭の良いエリートばかり

・スポーツも万能で失敗経験なし

 

こんなシナリオを書いて

記事を投稿したらどうなってたと思いますか?

 

可能性を感じますか?

 

多分ドン引きしますよね。

ムカつくし『この人は生まれた時から成功する遺伝子だ』

みたいなように感じますよね。

 

全く共感できませんよね

 

後で

もし暇な時に

僕の自己紹介の記事を読んでみてほしいです。

 

hkentaeigyou.hatenablog.com

 

 

少なからず

先程のような偽りのシナリオよりも

共感できると思います。

 

に最後の方に記載した

僕の夢に対して『共感しました』という声を

LINEに追加した最初の文章で送ってくれた人もいます。

 

少し脱線しましたが

人が『採用』という行動に移したり

『商談成立』みたいな時は

 

実績とかコミュニケーション力ではなく

シナリオ力による『共感』で発生することが殆どです。

 

際に会った実話なのですが

社長が学生時代ラグビー部で就活生もラグビー

ラグビーの練習話や失敗談で盛り上がって『内定』

という話もあります。

 

の実話ですと

新卒の営業職時代の商談にて

 

社長がテニス好きでテニスの話を1時間くらい話して

その後に『今回ご提案したいモノなんですが。。』というと

『引地君の事、気に入ったから契約するよ』

 

商品の説明を全くしてないのに

『契約』という事が何度かありました。

 

一応、商談義務的に

商品説明と注意点をお話ししましたが

『OK。ありがとう。引地君。今度テニスしよう。』

という形で商談が終わったことがあります。

 

びっくりしましたが

実際にこんな事も起こります。

 

シナリオ力からの共感と変化

 

これが大事です。

 

f:id:hkentaeigyou:20180730160450j:image

 

ナリオ力をつけるには?

 

過去の失敗経験と小さな成功体験を

紙やIPhoneのメモに書き出すことです。

 

頭ではわかっていても

話せない事ってよくあると思います。

 

僕もあります。

 

んな時は

まず自分が頭で感じている事を

目で見える形に吐き出すことです。

 

数字を計算する時

暗算するよりも紙に書き出したほうが

正確な正解が出ますよね。

 

暗算で出来るのもわかります。

でも筆算したほうが確実ですよね。

 

『頭で思ってることを一旦吐き出す』

 

簡単なんですが

意外と8割の人間はやりません。

 

やらなかった結果、

頭で処理できる範囲のキャパオーバーを引き起こし

『無理だ。頭がパンクした。』

 

という状態になるのです。

 

処理できる範囲には限界があります。

 

f:id:hkentaeigyou:20180730160609j:image

 

まずいったん吐き出しましょう。

 

こんな簡単なことでも

行動に移す人は変わることが出来ます。

 

去の経験や強みが具体的になり

相手に『変化』も伝えられるようになり

『内定』『契約』といった結果をもたらします。

 

強くなっていきましょう!

 

過去の失敗談を全て笑い話にしましょう。

結果さえ出せば全て笑い話にできます。

 

僕はいつも失敗した時

『自虐ネタにできるように結果を出そう』

このように考えています。

 

失敗した過去は変わりません。

でも未来は幾らでも変えられます

 

一緒に頑張りましょう!

 

長くなりましたが

最後までお読みいただき

ありがとうございました。