Finding employment.Kentablog

こちらはどうしようもない学校出身の人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。350名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活法を公開中

相手の口を開いたままアナタに視線を全て誘導するキャッチコピー術

んにちは

就活コーチ賢太です。

 

いよいよ

世間一般的にはゴールデンウィーク

突入しちゃいましたね。

 

f:id:hkentaeigyou:20180430161407j:image

 

ゴールデンウィークくらいは

『オフ』を作ってゆっくりしても

個人的には良いかと思います。

 

『オンオフ』の切り替えは

これからの人生で一生のつきものです。

 

僕はかなり下手くそではありますが

アナタには『上手にオンオフできる人』

なって頂きたいので

 

この機会を

有効に使って欲しいです。

 

前置きはこの辺にして

さっそく本題に入りたいと思います。

 

回はかなり実践的な内容で

アナタの就活・仕事が激変する話です。

f:id:hkentaeigyou:20180430161455j:image

 

 

仕事や就活をしていくうえで

 

話は結論から

 

というのは

既に身に付いているかと思います。

 

身に付いていなければ

今すぐ変えてくださいね。

 

結論を言わずに

グダグダ話す人は

高確率で嫌われますので。

 

『結論から話す』

 

が身に付いているアナタは

次のステップに進んでいきましょう。

 

 

・私は粘り強い人間です。

・私は協調性があります。

・私は問題解決力があります。

 

 

いきなり

自己PRとかでよくある文章を

3つ書いてみました。

 

『特に問題は無さそう。。』

 

こんな風に思ったアナタ!

 

ヤバいです。

本当にヤバいです。

 

f:id:hkentaeigyou:20180430161546j:image

 

アナタのESや会話を

面接官はまともに聞いてない確率が

50%上昇してしまいました。

 

そらく

上記のような文章は

よくネットに出回っているES例で

見るような文章かと思います。

 

よく見るような定型文だから

『とりあえず大丈夫だろう』

このように考えていませんか?

 

あの文章のままでは

アナタの魅力は3%しか伝わっていません。

 

アナタの素晴らしい魅力も

3%しか伝わっていない非常事態です。

 

今すぐ

改善すべき重要項目です。

 

型文は

文章構成を参考にする分には良いのですが

文章の表現まで同じにすると

とんでもない事件を巻き起こします。

 

よく考えてみて下さい。

 

アナタが見ていた

ネットに乗っている定型文は

全国の就活生が見ているのです。

 

f:id:hkentaeigyou:20180430161755j:image

 

そんな文章表現を真似したら

いくらアナタに素晴らしい個性があっても

周りの就活生と一緒です。

 

アナタの個性は

完全に死んでいき

アナタは『たくさんいる就活生の1人』

という分類に枠組みされます。

 

そうなったら

アナタには興味を示さず

絶望していく就活になります。

 

そんな状態にだけは

なってほしくないので

 

回はアナタに

自己PR等で使える

簡単なキャッチコピーの作り方を教えます。

 

ゴチャゴチャ

言っても仕方がありませんので

3つのステップでお伝えします。

 

⭐️相手を虜にする

キャッチコピー術⭐️

 

f:id:hkentaeigyou:20180430161836j:image

 

 

アピールすることを書き出す。

 

②アピールすることに関連する

ニュース・出来事・人物を書き出す。

 

③ステップ②で出した文章と

①で書き出した事を組み合わせて1つの文章にする。

 

この3ステップです。

 

非常に簡単です。

 

ただ簡単とはいっても

イメージが付きづらいと思いますので

冒頭で出した文章のアピールポイントを

変形していきます。

 

 

私は粘り強い人間です。

f:id:hkentaeigyou:20180430161922j:image

 

ステップ①は既に終わってますので

ステップ②から実践していきます。

 

『粘り強い』と聞いたら

色々と思い浮かぶかと思います。

 

・納豆

・オクラ

・とろろ

イチロー選手のバッティング

 

色々あると思います。

 

この文章はお昼時に書いている関係で

食べ物ばかり思い浮かんでしまいましたが。。。

 

今回は『納豆』を使っていきます。

 

f:id:hkentaeigyou:20180430161948j:image

 

く粘り強いと聞いて

『納豆』を使ってこんな表現をする人がいます。

 

・私は納豆のような粘り強い人間です。

 

一見、

いい感じのキャッチコピーですが

余りにもひねりのないキャッチコピー

 

面接官は

『つまらない表現。。。』

と感じる文章です。

 

全然悪くないのですが

ありきたりすぎるのはスルーされます。

 

もっと具体的にしていきましょう。

 

納豆と言えば

何が思いつきますか?

 

おそらく

 

茨城県

・水戸

 

これが一番思いつくかと思います。

 

ではキャッチコピーを書いてみましょう。

 

・私は『茨城県産納豆のような粘り強い人間』です。

 

 

「う~~ん。。まだ微妙だな~~

 

微妙ですね。

もっと具体的にしていきましょう。

 

茨城県と言えば

 

水戸黄門

・魅力度ランキング47位

 

こんな感じですかね。

ではもう一度キャッチコピーを書いていきましょう。

 

・私は『都道府県魅力度ランキング第47位の茨城県が誇る

水戸産納豆を彷彿させる粘り強い人間』です。

 

・私は『水戸黄門が唸るほど美味しいと絶賛した

茨城県産納豆と同じ粘り強い人間』です。

 

どうでしょうか?

 

f:id:hkentaeigyou:20180430162050j:image

 

番初めの

『私は納豆のような粘り強い人間です』

と比べたら興味が湧くかと思います。

 

表現方法は変わっても

『粘り強い人間』というアピール趣旨は

全く変わっていないかと思います。

 

同じアピールでも

キャッチコピーを変えるだけで

相手の受ける印象はガラリと変わります

 

くこのような

キャッチコピーをお伝えすると

 

・こんなに大げさに書いていいのですか?

・ここまで書いたら面接が怖いです。

 

などと考える人もいます。

 

確かに怖くて

ここまでの自信はないかもしれません。

 

ただ一つだけ考えて下さい

 

自信が無い人を

企業が欲しいと思いますか?

 

f:id:hkentaeigyou:20180430162123j:image

 

しアナタが

アルバイト先の店長に

『今度のバイト、お前が採用していいよ』

と言われたとします。

 

実際にアナタ自身が採用する立場に立って

二人面接に来ているとします。

 

スペックや学歴は

二人とも一緒です。

 

んな二人のうち片方は

 

『私は協調性があり

ここで活躍する自信があります。』

 

 

もう片方は

 

『私は協調性があります。

自信は無いですけど一生懸命頑張りたいです。』

 

このような二人がいた時

どちらを採用したいですか?

 

間違いなく前者ですよね。

 

企業は

自分に自信を持っていない人なんか

採用したくないのです。

 

仕事も

ウジウジしている人よりは

自信を持って頑張ってくれそうな人

仕事を振りたいと考えています。

 

なので

『自分なんかが。。。』

と思わずに

 

キャッチコピーは

自分自身でハードルを上げまくってください。

 

f:id:hkentaeigyou:20180430162208j:image

 

キャッチコピーの目的は

相手の視線や興味を全てアナタに向けることです。

 

これが目的なので

『自信がないよ。。どうしよう。。。』

と言わずに

 

とにかく自分自身でハードルを上げて

キャッチコピーを書いてください。

 

間は面白いモノで

自分のハードルを上げまくると

勝手に自信が漲ってきます

 

一石二鳥なので

是非、簡単なキャッチコピーを

習得しちゃってください。

 

それだけで

アナタのES・面接・仕事に対する

アナタの印象は50%上がります。

 

f:id:hkentaeigyou:20180430162254j:image

 

表現方法を変えるだけで

人間は変われますので実践してください。

 

知っただけでは意味がありません。

必ず実践です。

 

今すぐ

スマホのメモ機能を立ち上げて

ステップ通りにキャッチコピーを

書き上げる準備をして下さい。

 

準備をして実践をする

 

これをするかしないかだけで

 

アナタの

今後のが分かれます。

 

無駄な時間を

過ごしたくなければ

今すぐ行動してください。

 

少し長くなりましたが

これで以上になります。

 

最後まで

お読みいただき

ありがとうございます。

 

  

 【自己紹介&実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.co