Finding employment.Kentablog

こちらはどうしようもない学校出身の人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。350名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活法を公開中

たとえ天才でも知っておかないと損する極秘情報

んにちは

就活サポーターけんたです。

 

 

1週間ぶりの投稿になります。

もう寒すぎて完全にマフラーを解禁

させてもらいました。

 

http://ecx.images-amazon.com/images/I/81P0euOkPWL._UL1500_.jpg

 

ここ最近は年末年始を楽しみに

日々いろいろな活動をしています。

 

よくわからない大物のセミナーに行ってみたり

どういう繋がりかアマゾンジャパンの本部長と

お話をする機会があったりと

よくわからない日々が続いています。

 

 

まあ、、このような情報は

アナタにとってどうでもよいと思いますので

本題に入っていきたいと思います。

 

 

回のテーマは

【企業を見つめる】です。

 

決して企業研究等のお話はしませんが

企業を知るという事は本当に大事なので

今回のテーマにさせて頂きました。

 

 

公式LINEの方ではセブンイレブンの話だったり

アパレルの話だったりさせて頂いておりますが

今回は省きたいと思います。

 

 

気になる方はLINE登録をして

ホーム投稿を見てもらえればと思います。

 

全て書いてありますので。。

 

http://innovatebyday.ca/wp-content/uploads/2015/07/line-logo.png

 

 

さてそもそもなぜ企業を見つめることが

重要なのか少しお話ししようと思います。

 

まずここ最近ある傾向として

自分の会社の実情を知らない人が多すぎるという事から

この話をすることになりました。

 

 

よく考えてみて下さい。

 

 

・自分の会社が何やっているか知らない

・どうやって利益を得ているか知らない

 

 

もしかしたらイメージが湧かないかもしれませんが

かなり事故だと思います。

 

 

どれくらいのレベルの事故かと言いますと

 

甲子園を目指しているのにサッカー部に入る

どうぶつの森をやりたいのにスマートフォン

持っていない

 

 

これくらいの事故です。

 

かなり重要だと思いますので

目を離さずに読んで欲しいです。

 

今回あなたには情報を得るという作業の

大事さをお伝えしようと思います。

 

 

れから何個か企業の戦略や

利益の成り立ち・企業の実情をお話ししますので

吸収しようと思って読んで欲しいです。

 

 

Amazon

 

https://tse1.mm.bing.net/th?id=OIP.uSBUV3rJvOMCZ1c_1jpSpgEsBq&pid=15.1

 

アナタもご存知Amazon外資系の物流会社です。

アナタも一度はAmazonを利用したことが

あるのではないでしょうか?

 

ヤフーショッピング・楽天

色々あると思いますがAmazon

おそらく業界トップです。

 

 

ぶっちゃけた話あなたは

この3社の違いをはっきりと話せますか?

 

3つとも大体同じ価格帯で

利益を得る方法も大体一緒

 

なのに圧倒的に発展しているのは

Amazon社なのです。

 

一体なぜでしょう?

 

論から話しますと

Amazon社が初めて「当日受け取り可能」という

無謀とも思われる戦略を打ち出して発展

していったのです。

 

 

今だから当たり前になっていますが

とてもじゃないですけど

10年前にこのような発想は出てきません。

 

翌日に届くだけでも満足なのに16時に注文をしても

夜中に商品が届く形にしたのです。

 

これによって今のAmazon発展が

存在していると思います。

 

みに余談ですが

Amazon社は外資系という事もあり実力主義なので

部長クラスの人間でも職位降格があります。

 

仕組みで言うととてもシンプルなのですが

いくら売り上げ目標に達していても下位25%

絶対に職位の入れ替えがあるらしいです。

 

 

Google

 

http://buzzap.net/images/2015/09/02/google-logo-history/top.jpg

 

100人いたら99人は一度は使ったことがある

Googleのお話になります。

 

ニュースを見ている人

であれば知っていると思いますが

中国ではGoogle検索はできません。

 

理由としては

余りにもGoogleの影響力が強すぎるので

国家の戦略に影響を与えかねないという事で

中国はGoogleの規制があります。

 

この中国にGoogleがないことは有名ですが

最近だとイギリスもGoogleを禁止していく方針

だと言われています。

 

 

理由は全く一緒で

国家の戦略に影響を与えかねないからです。

 

Googleの影響力は

とにかく凄まじいのです。

 

因みにyoutuberはGoogle

広告戦略に乗っかって利益を

得ていることはご存知ですか?

 

youtubeの動画の前に要らない広告動画や

おススメ動画の上あたりにある広告も全て

Googleの広告です。

 

各企業が影響力があるという理由で

Googleに広告申請をしています。

 

それに対して

youtuberが再生回数を伸ばしてくれれば

宣伝効果になり各企業・Google・youtuberが

WinWin関係になっています。

 

 

③TKP

 

https://pbs.twimg.com/profile_images/378800000343798968/c9de2a3dbc8f6bcf761a5eb584a55c1d.png

 

 

就活生であれば間違いなく

一度は行くことになるTKPカンファレンスセンター

 

そもそもあれが事業だという事をご存知ですか?

 

知らないと嫌なので簡単に説明しますと

TKPとは貸し会議室などを展開している

企業になります。

 

これだけで年商何億という企業なのです。

 

TKPがどうして貸し会議室を展開する事業を

やっているかと言いますと 

 

会議室ってなんか汚くない?

どうせだったら綺麗なところで

セミナーやったほうが良くない?

 

というところから始まっています。

 

よく考えてみて下さい。

 

不動産のように家を貸しているならわかりますけど

会議室をただ貸してるだけなんですよ。

 

それでもそのビジネスがビジネスマンにうけて

年収何十億という企業ができあがっています。

 

もしかしたらあなたは

ビルの上に大きい「TKP」ていうマークあるな~

と思っていたかもしれません。

 

ただそんな企業も

このような戦略やコンセプトを基に

大企業に成長していっているのです。

 

会社の仕組みを知るって

大事ですね。

 

 

表的な3社を例に出してかなり簡単に

企業についてお話ししましたがかなり深い

と思います。

 

 

商品を売って利益を得ている

広告を売って利益を得ている

サービスを売って利益を得ている

 

少なからず何らかの方法で

利益を積み上げて会社というのは

成り立っています。

 

簡単には成り立っていません。

 

そんな会社に

就職をするという道を選択するのであれば

まずはしっかりと会社の事は知っておきましょう。

 

 

く関係ないと思いますが

Googleの話なんかは学生だけでなく企業の人間も

そこまで知らない話だと思います。

 

実際に友達や親に話してみると分かります。

 

友達に関しては中国で規制がかかっていることすら

知らないと思います。

 

親に話してもイギリスの話は知らないと思います。

 

たった数行でまとめた話でも

面接の雑談の時に面接官に話したらいいと思います。

 

「最近のGoogleについて

どう思いますか?」

 

おそらくですがイギリスの話を知っている人は

1%もいないと思います。

 

これが企業の人にどんな影響を表すかは

業界によっては違うと思いますが

 

広告代理店とかの面接官に話したら

間違いなく食いつくと思います。

 

それだけでアナタを必要としてくれるかもしれません。

 

https://tse1.mm.bing.net/th?id=OIP.XLskVEEMfjSUpZaU_rULgQEsDh&pid=15.1

 

 

つまりそれくらい情報を持っているか否かでは

影響力が変わってきます。

 

 

是非情報を受け取る

いや奪いに行く準備をしてもらえればと思います。

 

 

今後も時事的なお話しや

企業の話はチラチラしていくと思います。

 

僕もできるだけ有益な情報を

アナタにお伝えしていきます。

 

ですので受け取る準備を忘れないように

してもらえればと思います。

 

 

少し長くなってしまいましたが

今回はこれで以上になります。

 

 

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました。

 

 

次回もお楽しみに!

 

 

 【自己紹介&実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com