shuukatsu.Kentablog

こちらはFラン大学のダメ人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。200名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活術を公開中

これを知らないだけでアナタの評価は下がる続ける。。。

んにちは

就活サポーターけんたです。

 

 

前回無事に面接室から

退出することができましたか?

 

f:id:hkentaeigyou:20170920185428p:plain

 

前々回で面接会場に頑張って入室して

前回は色々な葛藤のなか退出したと思います。

 

 

面接会場より退出できていれば

この記事も多分読めていると思いますので

安心します。

 

 

今回は【見落とす面接マナー】です。

 

意外と見落としがちで評価にもかなり影響する

部分ではあるのでお話ししたいと思います。

 

 

なおこのテーマについては

今回・次回・次々回の三部構成でお話しします。

 

 

今回お話しする内容は

僕自身も困った経験がありますし

サポートした就活生も困った人が多かった点

をお話ししていきます。

 

 

僕のような失敗をアナタに犯してほしくありません。

 

アナタにはできるだけ危険を回避して内定を

勝ち取っていただきたいです。

 

 

未然に防げるマナーですので

よく読んでいただければと思います。

 

 

 

☆失敗する面接マナー

 

f:id:hkentaeigyou:20170816205810j:plain

 

①上着やコートの脱着タイミング

 

夏場は暑くて上着を脱ぎたいと考えますし

冬場はコートを脱ぐ場面がきます。

 

 

ただ何も考えずに脱いでおいて置いたら

減点評価につながります。

 

こんな小さなことかもしれませんが

それがアナタの内定を消す恐れがあります。

 

 

何事にもタイミングというモノがあります。

 

告白やボタンを押すのにタイミングがあるように

就活でもタイミングがあります。

 

タイミングを逃すと失敗に終わり

タイミングばっちりだとコンボになると思います。

 

 

上着の脱着について詳しく話します。

 

 

〇夏の場合

 

夏は暑くてネクタイを外したりすると思います。

外を歩くときはいいのですが社屋に入る時は

必ず上着・ネクタイの着用を心掛けて下さい。

 

 

なお事前にクールビズなどの提示があった場合は

着ていかなくてOKです。

 

 

クールビズOKと提示しているのであれば

上着・ネクタイを着用しなくても評価に

関係はありません。

 

 

それがその会社の社風なので

何も問題ありません。

 

 

着用して汗をかきすぎて

汗が冷え風邪をひくほうが問題です。

 

 

無理に上着もっていかず

クールビズOKの提示があるのであれば

素直に上着は置いていきましょう。

 

 

〇冬の場合

 

コートやマフラーは、社屋に入る前に

脱ぐのがマナーです。

 

理由としては

「コートに付いた汚れ・ホコリを建物に入れない」

という意味があります。

 

 

脱いだコートやマフラーなんですが

ハンガーラック掛けてもいいという指示があれば

利用させてもらいましょう。

 

 

もし特に指示がなければ

自分の座る椅子の背に掛けるか

自分の鞄の上にのせて下さい。

 

 

の時の注意点として

コートをそのまんま自分が着るように

掛ける人が多くいます。

 

 

あまりにも多いのでそれで問題ないと

なっていますが実際はNGです。

 

 

本来はコートを裏返しにして

折って椅子の背に掛けるのが正しいです。

 

f:id:hkentaeigyou:20170920185539j:plain

 

コートにはホコリがどうしてもついているので

そのホコリを部屋に充満させないために

裏返しにするのです。

 

 

これを知っていると

「コイツ一味違うな!」

思わせることができるポイントです。

 

 

是非、周りの就活生に流されず

コートかけてもらえればと思います。

 

 

回の「失敗する面接マナー」

は以上になります。

 

 

まだアナタにお伝えしたいマナーが

4つあります。

 

 

とても簡単だけど重要なマナーになっているので

次回も楽しみに待っていてください。

 

 

ではまた。。

 

 

 

 

【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com