shuukatsu.Kentablog

こちらはFラン大学のダメ人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。200名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活術を公開中

あなたのESの通過率を日本最大級にします。

んにちは

就活サポーターけんたです。

 

f:id:hkentaeigyou:20170908200316j:plain

 

ESを書いている時に

悩んでいることはありませんか?

 

 

・自己PRとか学生時代頑張ったことが何もない

・志望動機がどうしても薄く感じる

・とりあえず書いたけど通過するか不安

・そもそも書く気力がおきない。。

 

 

こんな状態に陥っていませんか?

 

 

因みに僕は就活時代陥りました。

 

就活本を読んで

ネットで情報を集めれば集めるほど

訳が分からなくなってました。

 

 

・シンプルに書いたほうがいい

・オリジナルのストーリーを入れたほうがいい

 

 

なんとなくわかっているけど

 

「具体的にどう書けばいいのかわからない。。」

 

 

今回は私と同じ悩みを抱えている

アナタを助けるためにお話ししていきます。

 

 

ESの作り方テンプレートお話しします。

 

 

☆内定率爆上がりの自己PRの書き方講座

 

ゴチャゴチャ書いても

わかりづらいので先にポイントをお伝えします。

 

 

①必ず一文目に「PR」を書こう

「」をつけて、目を引きましょう

③あなたのメリットを感じさせるように書こう

④メリットを裏付けるストーリーを書こう

 

 

この4つだけです。

この4点を知らない就活生は

意外と多いです。

 

 

これだけできれば

かなりの差別化ができる事間違いないです。

 

 

わかりづらいかもしれませんので

少しだけ例文を出します。

 

Q.あなたの特徴を教えてください

 

A.

「私は部活動に力を入れています。

私はテニス部に所属しており日々インカレ

出場に向けて努力をしています。」

 

 

実はこの書き出しは

自己PRでは最悪です。

 

 

「え、、そんなに悪いですか?」

 

もしかしたらこのように思うかもしれません。

ではこの書き出しについて

この人を雇うメリットを感じますか?

 

 

実は、最初に強い「メリット」を

感じず落とされるケースが非常に多いのです。

 

f:id:hkentaeigyou:20170908200503j:plain

 

この人の場合

部活動に熱心に取り組んで

努力をしていることもよくわかります。

 

 

ただそれが社会人になった時

どのように活かされるのか全く伝わってこないのです。

 

採用担当者は1日に数千枚のESを

チェックする時もあります。

 

 

そんな時に面接官の気持ちも考えず

自分の部活動の事について長々と語られても

読む気が失せてしまうのです。

 

 

部活動の話はあくまでストーリーとして

話せばいいのです。

 

 

書き出しで書く必要はありません。

 

書き出しは担当者が

メリットと感じさせることを書けばいいのです。

 

 

それからメリットに基づく

ストーリーを語っていきましょう。

 

 

それをするだけであなたの評価は

上昇します。

 

 

当然ESの通過率も

何百倍も上がります。

 

 

そして面接でも

文章がとても見やすく興味が引かれるので

相手から質問してくれます。

 

 

あなたからアピールしなくても

既に相手はあなたに興味がある状態から

面接をスタートできるのです

 

 

そうすれば面接は楽ですね。

難易度も必然的に下がります。

 

 

初めから興味を持ってもらっているのであれば

最終面接は各選考の担当官が

 

アナタの事を

社長におススメしてくれるかもしれません。

 

 

社内の人間がおすすめしてくれことほど

強い味方はいません。

 

 

この展開になれば

内定なんて出たも同然です。

 

f:id:hkentaeigyou:20170908200539j:plain

 

ここまで話した中で

僕が最後に何を言いたいのか?

 

「自己PRは採用担当者の

気分を良くするものにしよう。」

 

 

という事です。

 

シンプルです。

 

 

そしてもう一度

ポイントのおさらいです。

 

①必ず一文目に「PR」を書こう

②「をつけて、目を引きましょう

③あなたのメリットを感じさせるように書こう

④メリットを裏付けるストーリーを書こう

 

 

この4点です。

 

 

しっかり頭にインプットできましたか?

 

アウトプットするためにも

一度これを意識してESを書いてみるといいでしょう。

 

 

実践をすることが一番

気づきを発見することができます。

 

 

気づいたら改善

 

この繰り返しです。

 

 

今回は少し長くなったので

この辺で失礼します。

 

 

回は学生時代何も頑張ってこなかった。。。

 

そんな人でも不思議と書類通過する

効果的な書き方講座を実施します。

 

 

次回もお楽しみに

ではまた。。。

 

 【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com