Finding employment.Kentablog

こちらはどうしようもない学校出身の人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。350名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活法を公開中

下手でも良いからES書いてみよう!

んにちは

就活コーチけんたです。

 

 

f:id:hkentaeigyou:20170905195027j:plain

 

もうさすがにESの重要性について

理解いただけましたか?

 

 

前回・前々回で耳にタコができるくらい

語ったので理解できていると嬉しいです。

 

 

ESを完璧にすることは

書類選考が通過するのはもちろんの事

面接の難易度が圧倒的に下がる

 

 

そして何より面接官のことを

誘導することができ就職活動が

思い通りになっていきます。

 

 

「面接は重要!」

 

確かに重要だと思います。

ただ面接で話す内容や質問は全て

アナタが書いたESから繰り広げられるのです。

 

 

アナタのESが

良ければ思い通りになり

 

アナタのESがデタラメだと

面接の難易度は上がる。

 

 

確かに面接でも

効果的なアピール方法はあります。

 

 

しかしそれも全て

ESが基盤となって利用できるものです。

 

 

ESで就職活動を楽しく

ESで就職活動を楽に

 

 

アナタと運命共同体のES

作り上げていきましょう。

 

 

こんな長い文頭でしたが

今回はあなたにESを書いてほしいのです。

 

 

そうです。

とうとう書いていくのです。

 

 

「書き方がわからない

「何を書いたら良いのかわからない

 

このように思う事もあるでしょう。

 

ただ別に難しく考えなくて大丈夫です

 

最初に書くESは

完璧でなくていいのです。

 

むしろ

不完全なESのほうが良いと思っています。

 

失敗を恐れないでください。

とりあえず書き始めてみましょう。

 

 

「文章を下手なんですよね」

「国語の成績毎回2or1でした」

 

安心してください。

 

大手内定を取った先輩も

最初はめちゃくちゃ下手でした。

 

自分の文章に泣きそうなくらい

絶望していました

 

 

そんな先輩たちも

最終的には大手内定・志望企業内定

という結果を残し社会に羽ばたいています。

 

もしあなたが

今は文章を書くのが苦手だと感じていたり

書いてみたESの内容が酷くても良いのです。

 

 

これから

良くしていけば良いんです。

 

f:id:hkentaeigyou:20170905195250j:plain

 

実際に書いてみないと

アナタの課題は永遠に見つかりません。

 

 

アナタが

自転車に乗れるようになった時

 

自転車を乗らずして

乗れるイメージが付きましたか?

 

1回も転ばずに

自転車に乗ることができましたか?

 

失敗を重ねて

自慢できるくらい上手に自転車を

漕げるようになりませんでしたか?

 

アナタが英語を覚えた時

失敗せずに英語が話せるようになりましたか?

 

隣の人と間違いを重ねながら英語が

未熟ながら話せるようになれませんでしたか?

 

 

一度行動に移さなければ

課題がわかりません。

 

何修正したらよいのか

全く分かりません。

 

 

初めて取り組むことに関して

 

とりあえずやってみる!

 

という心構えは重要です。

 

 

提出期限までにESを完璧に

していけば全く問題はありません。

 

だからまずは書いてみましょう。

 

 

・ESがどれくらい

時間がかかるのか。

 

・どのように完璧に

仕上げていけばいいのか

 

 

それを実感するためにも

書いてみましょう。

 

 

書く内容としては

どこの企業でもある

3つの項目について書いてみましょう。

 

 

・志望動機

・自己PR

・学生時代努力したこと(頑張った事)

 

 

この3つです。

 

 

興味の持った企業を

1つ選んで書いてみましょう。

 

 

 

すぐ書いてほしいですが

外出しているかもしれませんね。

 

 

帰宅してからで構いません。

 

帰宅をしたら

パッと思いついた企業について

A4の紙とペンを用意して書いてみましょう。

 

 

失敗しても構いません。

 

何度失敗しても

僕が必ず助けます。

 

 

ESの添削だってします。

就職活動の相談にも乗ります。

 

 

ボーリングのガター無しの

状態でボールを投げるかのように

書いてみて下さい。

 

 

アナタがESを書く

という勇気ある行動をしてくれることを願い

 

今回は以上にさせていただきます。

 

 

次回も引き続きお楽しみに

 

 

ではまた。。

 

 

 【自己紹介&実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com