shuukatsu.mamorublog

こちらはFラン大学のダメ人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。200名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活術を公開中

【業界研究】アナタが本当にやりたいことは?

んにちは

就活サポーターまもるです

 

 

今回は前回に引き続き

就活生が大嫌いで重要視しない

業界・企業研究です。

 

f:id:hkentaeigyou:20170826175657j:plain

 

業界研究をやると

パニックに陥る人が良くいます。

 

 

どの企業もよく見えたり

そして悪くも見えたり

自分が企業に何を求めているか

迷走してしまう人も多くいます。

 

 

初めてやることなので

迷うことも当然ですが

拒絶してしまっては

効率の良い就活はできません。

 

 

ですので今回は業界分析について

ポイント別に解説していきます。

 

アナタにあった業界を見つける為の

大切なセクションになりますので

真剣に聞いていただければと思います。

 

 

☆業界研究のポイント

 

 

①1つの企業を徹底的に調べてみよう

 

業界研究をやろうとしたときに

業界を一気に調べようとする学生が多いです。

 

正直このやり方は時間がかかりすぎて

無駄が多いです。

 

就活では30ほど業界に分類されています。

 

そんなのを片っ端から調べても

頭に入るのは数%でしょう。

 

おススメしません。

 

業界だけを調べていくという事は

ぐるなびで検索条件を全く選ばずに

地名だけで調べているのと同じことです。

 

 

数が多すぎて何が良くて

何が悪いのか自分の基準が

全く不透明になります。

 

 

まずは1つの企業に絞って

徹底的に調べてみて下さい。

 

1つのことを徹底的に調べることで

アナタの企業を見る1つの基準が生まれます。

 

 

やはり基準がないと比較しようがありません。

 

 

うわべだけの比較ではなく

真の比較をしていきましょう。

 

 

 

②業界研究の前に企業研究

 

①をしっかり読んでくださったあなたなら

わかるかもしれませんが

やらないといけないことは企業研究です。

 

 

就活初心者の思考としては

 

大きい枠組みから小さい枠組み(業界企業)

 

という発想にいきがちですが

就活は逆です。

 

企業研究あっての業界研究です。

 

現代はWEBでほとんどの情報がわかると思います。

 

・営業利益

・売上高

・従業員数

 

ただこんなのだけでは良し悪しは決められません。

 

業界全体として不景気の場合や

離職率だって不透明だと思います。

 

個人的なおススメとしては

代表取締役のコメントや著書を見ることです。

 

 

これが一番会社の方針がはっきりとわかります。

 

めんどくさいかもしれませんが

あなた自身の為にもたくさんの価値ある

情報を手に入れていきましょう。

 

f:id:hkentaeigyou:20170807210545p:plain

 

 

③情報収集の基準ができたら業界を3つに絞る

 

最初から業界を広げる必要はありません。

企業研究になれてから興味のある業界に

絞ってみていきましょう。

 

 

広げすぎて全ての情報の内容が

薄くなるほうが怖いですので慣れてからでいいです。

 

 

④興味を持った業界の共通点を明確にする

 

これが最重要項目です。

 

調べるだけが業界研究の終わりではありません。

 

調べて共通点を探して比較をする

 

これが出来て初めて就活に活きるのです。

 

 

接で色々聞かれると思います。

 

・志望動機

・自己PR

・長所・短所

・何をやりたいか

 

色々聞かれますが

面接官が一番知りたいことは

これなのです。

 

「どうしていろんな会社があるのにウチに入りたいの?」

 

いくら良い事を言っても

結局ウチでなければいけない理由が

明確でないと企業は採用したいと思いません。

 

あとあと面接で苦しんでほしくはないので

しっかりと業界研究はしましょう。

 

 

⑤興味のない業界にも触れよう

 

少し矛盾なことを言っていると思います。

 

業界を絞ったほうが効率は良いです。

ただ同時にあるリスクを背負います。

 

自分の興味でしか動いてないので

視野が狭まっているという事。

 

 

面接時に興味を持った業界の事は

話せても興味のない業界の話題を話されたら

アナタは確実に死んでいきます。。

 

せっかく就職活動という無限の可能性を秘めている

場面で切り捨てる自殺行為なのです。

 

3つくらい絞って業界研究ができるレベルであれば

他の業界だって簡単に分析できるはずです。

 

決して深堀して調べなくても結構です。

ですが興味のない理由を明確に話せるように

だけはしておきましょう。

 

 

志望する理由も志望しない理由も

明確に話せて初めて説得力のある会話が生まれます。

 

 

業界研究は企業を深堀して

業界を広げていくスタンスが一番いいです。

 

順序を間違えずに業界研究をしましょう。

 

 

なお今まで真剣にお聞きいただいた

アナタならわかると思いますが

 

初めにやるべきことは企業研究ですね。

 

f:id:hkentaeigyou:20170826175809j:plain

 

 

ただ肝心の企業研究方法を

全くと言っていいほど記載していません。

 

回は気になる企業研究編をお送りいたします。

 

順序を逆転させた理由として

今回の記事を読んでいただかないと

勝手に訳の分からない業界研究を始める

リスクがあると思ったからです。

 

この順序のほうがやらなければいけないことが

先読みできると考えたからです。

 

 

では長くなりましたが

今回は以上になります。

 

次回の企業研究編でまたお会いしましょう。。。

 

 

 

 【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com