shuukatsu.mamorublog

こちらはFラン大学のダメ人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。200名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活術を公開中

自己分析のゴールは?

んにちは

就活サポーターまもるです

 

 

何年か就活のサポートをしてきて

このような質問をされることがあります。

 

 

「自己分析の終わりってどこですか?

どこまでやれば自己分析が出来たというんですか?」

 

この質問かなり深いです。

 

f:id:hkentaeigyou:20170824220305j:plain

 

 

確かに僕自身の就活時代の

自己分析の終わりは不明確です。

 

 

直に話しますと

 

「自分の強みや弱み・知り合いからの自分の

印象など客観的な自分を知り

 

もういいだろ!

 

という感じで自己分析を止めた記憶があります。

 

 

僕自身なんとなくやり切った感があったので

自己分析を終了しました。

 

そして改めて就活生に質問をされて考えました。

 

 

自己分析のゴールはどこだ!

 

 

たくさん考えましたが

唯一出た答えが

 

 

「自己分析にゴールはない」

 

 

これでした。

 

 

理由としては

先日もお話ししましたが

 

社会人になった今でもたまに

自己分析をすることがあるからです。

 

 

自分の軸や将来像を確認するために

時々行うからです。

 

 

今の自分は就活時代に

描いていた将来像に近づいているか?

 

就活時代と今の現実はどうなっているか?

 

 

方向修正をするために

自己分析をするのです。

 

 

そしてもし将来像とかけ離れてる場合は

方向修正をかけるのです。

 

 

悩んだ時・迷った時・現実逃避している時

 

 

困った時に使うのです。

 

 

就活中だけでなく

社会人になってからでも用いるのです。

 

 

方向修正をするのに

かなり重要なアイテムだと思っています。

 

 

だこんだけ話して

 

自己分析にゴールはありません!!

 

 

という答えで締めるのは

正直この記事の意味がないと思います。

 

 

なのでもう少しだお話しさせていただきます。

 

f:id:hkentaeigyou:20170824220339p:plain

 

 

もう一度初めに戻りましょう

 

「自己分析をする理由は何ですか?」

 

 

・就活の軸を決める

・自分の長所・短所・やりがいを見つける

・自分のやりたいことを見つける

 

 

各々考えはあると思いますが

こんな感じだと思います。

 

 

そして自己分析はどんな時に活かされるのでしょうか?

 

 

・エントリー企業選択

・面接での質問対応

・就職活動をするための軸

 

 

今までの就活生と自分自身の経験を

ふまえてこんな感じだと思います。

 

なんとなくお気づきでしょうか?

 

 

これらの3点を対応できる自信ができたら

自己分析はいったん終了で良いと思います。

 

 

 

やりたいことがある程度わかり

やりがいや興味のある企業が分かればゴール

 

就職活動をする理由が明確になり

企業を選ぶ基準ができていればゴール

 

下記のような質問が完全に答えられるのであればゴールです。

 

・自分は~な人間です。(自分はどういう人間で、何が得意か)

・自分は~なことにやりがいを感じる。(自分のやりたいこと)

・御社で~に挑戦したい。(入社後にチャレンジしたいことが話せる)

 

 

 

これが就職活動における

自己分析のゴールだと僕自身は思います。

 

 

この3点をクリアすれば次のステップに

進んでもいいと思います。

 

f:id:hkentaeigyou:20170806201931p:plain

 

 

もし無理なのであれば

別の自己分析法でクリアしていきましょう。

 

 

回は自己分析のゴールを提示できたので

これで以上にさせていただきます。

 

 

紹介したい自己分析法は

まだございますが先ほどお話しした通り

 

ある程度クリアすれば次のステップに

進んでいいと考えています。

 

 

ですので次回は

自己分析をストップして企業分析について

深くお話ししていこうと思います。

 

 

もし自己分析にくじけているあなたは

コメントをするか僕に直接連絡を頂ければと

思います。

 

 

個別で対応させていただきます。

 

 

次のステージに進めるあなた!

次回の企業分析編でお会いしましょう。

 

 

 

ではまた。。

 

 

 

 【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com