Finding employment.Kentablog

こちらはどうしようもない学校出身の人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。350名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活法を公開中

緊張からくる悪魔

んにちは

就活コーチけんたです。

 

 

最近は

緊張をテーマに書いてるので

なかなか就活を気にしない記事を

書けていません。

 

 

以前1週間に1回は

就活を考えないリラックスした日

つくろうといったのに申し訳ございません。

 

リラックス に対する画像結果

 

緊張を解明したら

一度リラックスタイムを設けます。

 

(この記事は

ダラダラしながら見てくださいね笑)

 

 

 

最近、

見始めてくれた人は

緊張解消のブログと勘違いしてしまうかも

しれませんが就職活動のブログです(笑)

 

 

就職活動に対して

無駄な情報は書かないので

ご安心してください。

 

 

 

はゆっくり更新します。

 

 

ここまでは緊張の原因や

緊張のしにくい人の話などをしてきました。

 

 

今日は緊張からくる症状の

対策などを話していきます。

 

 

いくら緊張しないように

人の評価を気にしないようにしたり

楽観的な考え方にしても

 

 

症状が出てしまう時があります。

 

 

・動悸

・吐き気、胃痛

・下痢

 

人それぞれあると思います。

 

 

いくら考え方をわかっても

たまに緊張して上記のような

症状も出てくるかもしれません。

 

 

なので今回は特に緊張して抑えたい

動悸について話していきます。

 

 

 

吐き気や胃痛、

下痢などは解消法はありますが

 

個人的にトイレに行くことが

一番の対策だと思いますので

 

 

それ以外の対策が知りたい人は

コメントなどを残してもらえればと思います。

 

 

 

 

☆動悸

 

緊張をして動悸が激しくなるのは

とても自然な身体の反応です。

 

 

心拍は自律神経に

コントロールされるものです。

 

緊張状態になると早くなります。

 

心拍は上がるのですが

呼吸一つ一つは浅くなります。

 

つまり深呼吸の逆の呼吸になるので

リラックスの逆です。

 

 

緊張から浅い呼吸になり

ますます緊張を呼ぶ悪循環に陥ります。

 

 

動悸 に対する画像結果

 

 

●動悸の解消法

 

①心を無にする

 

悪循環に陥ったら

とにかくゆっくり脱出することを

考えてください。

 

その時に大事なのが

「心を無にする」ことです。

 

これは今モデルさんなどで話題の

ヨガの呼吸法から来るリラックス法です。

 

 

心を無にするためにも

心拍に意識を向けてください。

 

 

緊張している自分を

受け入れる行動になり

 

その心拍の音だけ聞けば

自然と心が落ち着いて心拍がゆっくり

なっていくのを感じることが出来ます。

 

 

②脱力する

 

心を無にできましたか?

 

 

次は身体を

無の状態にしていきます。

 

身体の力を抜いていきます。

 

 

特に緊張状態だと

上半身に力が入っているはずです。

 

意識的に脱力していきましょう。

 

 

そして深呼吸なんですが

立って足を肩幅程度に開いてください。

 

そして脳天から糸で吊るされてるように

背筋を伸ばしてください。

 

 

息を吸う時は鼻から吸います。

そして吐くときは口から吐き出してください。

 

 

吐き出すときは吸う時よりも

時間をかけることが大切です。

 

 

吸って~~~

吐いて~~~~~~~~~~~

 

 

吸って~~~

吐いて~~~~~~~~~~~

 

 

 

こんな感じですね。

 

 

ふざけてません。

深呼吸をなめないほうがいいです。

 

 

かなり効果があるので

緊張した時にやってみて下さい。

 

 

 

今日はこの辺で終わらせていただきます。

 

 

明日からは

緊張を克服する方法

どんどん紹介していきます。

 

 

一度でいいので実践してみて下さい。

 

 

1時間もかかる

モノだったら辛いと思いますが

 

紹介していくのは

全て2分程度のモノです。

 

 

実際の体験談も交えていこうと思います。

 

 

 

 

先日、

福島出身の学生と会って話したのですが

蔵王温泉をおススメされました。

 

東北 に対する画像結果

 

 

 

東北の方は

良い感じらしいです。

 

 

今度旅行含めて東北の方に行ってみます。

 

 

ではまた明日。

 

 

 【自己紹介&実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com