shuukatsu.Kentablog

こちらはFラン大学のダメ人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。200名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活術を公開中

緊張という悪魔

んにちは

就活サポーターけんたです

 

 

いつもご覧になってくださり

ありがとうございます。

 

 

今日も元気に更新していきます。

 

最近豪華な飲み会をしてきました!

 

bbq に対する画像結果

 

 

肉・野菜酒おいしかったですね~。

 

 

就活生のあなたもたまにはしっかりと息抜きを

してリフレッシュをしてください。

 

 

就活生ということもありますがそれ以前に

学生です。

 

 

やっぱり楽しむことが一番です。

 

 

 

僕のどうでもいい近況報告はこの辺にして

しっかりと本日のテーマに入っていきます。

 

 

 

本日はLINEやTwitterでとても質問の多かった

緊張についてです。

 

 

面接を1度でもやったことがある人は

わかるかもしれませんが

慣れていないと緊張して頭が真っ白になります。

 

 

僕もその経験があるので痛いほど気持ちが

わかります。

 

 

ここで一つだけ断言しておきます。

 

「この世に緊張しない人はいないです!」

 

 

これだけは頭に入れて読んでもらえればと思います。

 

 

緊張しない人はいないのですが

あまり緊張せずにリラックスして話すことは

できるようになります。

 

 

なれるならリラックスした状態で話したいはずです。

なので今日は緊張する原因

について話そうと思います。

 

因みに今回の緊張については

なかなか悩みを抱える人が多いので

日数をかけて深く掘り下げていきます。

 

 

 

緊張する原因

 

緊張 に対する画像結果

 

どうして緊張してしまうのでしょうか?

 

頭の中で

「落ち着け自分、いいから落ち着け」

このように唱えたことは多いはずです。

 

それでも体は緊張症状が出てきてしまうと思います。

 

その原因は

 

自律神経が勝手に、あなたの体に

指令を出しているからなのです。

 

 

因みに自律神経とは、

自分ではコントロールできない

自動的に働く神経の事です。

 

 

例を出すと

運動をしたときに出る汗や怖いものを見た時の冷や汗

あと当たり前ですが心臓が動いてることなどです。

 

 

 

またこの神経は

ある刺激にはこの反応!この刺激にはあの反応!

というふうに決まった反射を身体にさせます。

 

 

あともう一つの原因として

あなたはアドレナリンを知っていますか?

 

 

スポーツをやってた人はよく聞いたことがある

あのアドレナリンです。

 

 

アドレナリンは自律神経のうち交感神経の働きを高めます。

交感神経とは、興奮・緊張した時に強く働きます。

 

 

スポーツをやってた人ならかなりわかると思いますが

攻撃的な時にアドレナリンは多く分泌されます。

 

 

このアドレナリンは、ノルアドレナリンという

物質から生成されています。

 

ノルアドレナリンも、攻撃的な時に多く分泌されますが

特に緊張や不安を感じた時に限り分泌されます。

 

 

その時に身体に起こる症状として

「血圧上昇・震え・動悸」があります。

 

 

まさにあがってしまい頭が真っ白になるときですね。

 

 

あがっている時に大量のノルアドレナリン

血液中を走っています。

 

 

この物質を大量に分泌しているために

緊張症状が出てしまいます。

 

 

今回はかなり専門用語を並べて

そもそもの原因について追求してみました。

 

 

明日は緊張しやすい人について

話していきたいと思います。

 

 

そもそも自分自身が緊張しやすい傾向の人なのか?

それとも緊張しづらい傾向の人なのか?

 

 

あなた自身がしっかりと認識しておくべきです。

 

 

これを認識しているだけで

改善方法は一気に出てきます。

 

 

これから一週間くらいは

緊張という悪魔との戦いになりますが

一緒に改善していきましょう。

 

改善 に対する画像結果

 

 

徐々に油を受け付けない体質になってきました(笑)

 

 

食べられるうちに食べたほうがいいですね。

 

 

ではまた明日お楽しみに!

 

 

 

 

 

 【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com