shuukatsu.Kentablog

こちらはFラン大学のダメ人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。200名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活術を公開中

自分を知るのは難しい。。。

んにちは

 

就活サポーターけんたです。

 

 

今日は

最近よく質問されることがあったので

そちらについて書いていきます。

 

それは

「自己分析ができません。」

 

これ結構壁になるケースが多いです。

 

過去の自分の特徴や長所短所

ありとあらゆることをすると思います。

 

時間がかかりますね。

ただ個人的には自己分析がしっかりとできれば

就職活動は簡単で楽になります。

 

ここがしっかりとしてないと

就活で迷ったときにそもそもどうして就職活動を

しているのか理由がわからなくなります。

 

 

この自己分析だけは準備時期に行うことがおすすめですね。

 

それ以外の業界研究や

ES、面接は最悪就職活動をやりながらでも

どうにかなります。

 

ここで一つあなたに質問があります。

 

「どうして自己分析をするのですか?」

 

 

・キャリアセンターの人に言われたから

・就活本に書いてあったから

・とりあえず就活の初めは自己分析でしょ

 

 

こんな理由でやっていませんか?

 

 

こんな理由で行うのはNGです。

 

意味がないです。

 

何か行動するときには必ず意味を持ちましょう。

 

目的のない自己分析は何の意味もありません。

 

これは僕個人の考えですが

自己分析は「自分の将来を考える指標」

だと思います。

 

自己分析は就職活動の為にするわけではありません。

人生に迷ったときにしてもいいでしょう。

 

自己分析をして就職活動という選択肢が

なくなる人も全然います。

 

50年前までは大学卒業→就職

でしたが現代は変わってきています。

 

これを見ると就職するなと言っているようですが

そうではありません。

 

現に僕も就職活動をして社会人をやっている身なので。。。

 

 

何が言いたいのかと申しますと

 

「人の生き方は自由」

 

という事が言いたかったのです。

 

ここである数字を出します。

 

 

アメリカ3人に1人

日本5人に1人

 

これは何だと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

答えは

フリーランスの割合です。

 

驚きです。

 

単純計算ですが

高校のクラス40人だったら8名も

フリーで生計を立てています。

 

アメリカに至っては

野球部のレギュラー9名中3名はフリーとして

活躍しているんですよ!

 

 

僕の親の世代では考えられない数字だと思います。

 

これぐらい現代は自由に

仕事を選べる世の中になっているのです。

 

なので自己分析するときに考えてほしいことがあります。

 

 

・自分は将来どのような生活をしたいのか

・家族は何人欲しいのか

・休日は月に何日欲しいのか

・そもそも就職をしたいのか

 

・女性比率の多い環境に属したいのか

・海外で暮らしてみたいのか

 

 

人間欲望に溢れていると思います。

 

勝手に無理だと自己判断してしまっているだけで

努力すれば叶うものもあるかもしれません。

 

今から野球をやってない人がプロ野球選手を

目指すといわれても絶望的なのでそういう非現実的な

事は除きますが(笑)

 

 

最後になりますが自己分析をしたうえで

自分の特徴が全く分からない場合。

 

その時はバイトの先輩でも

両親でも友達にでも聞いてみて下さい。

 

「自分ってどういう性格だと思う?」

「自分の良いところってなにかな?」

 

少し恥ずかしいと思いますが

自分で見つからないものを探し続けても

永遠に見つかりません。

 

実際に僕もアルバイト先の先輩に

恥ずかしながら聞いたことがあります。

 

結構毒舌な先輩だったので

少し落ち込みましたが自分を知るいい機会でした。

 

 

自分が将来どんな生活をしたいかを考える為にも

時間をかけて自己分析をしてみて下さい。

 

千原ジュニア クラッシュ に対する画像結果

(すべらない話の千原ジュニアさんのタートルトークの話

大好きです!)

 

 

※追伸

最近おなかが弱いので

ヨーグルト以外でいいもの知ってれば

コメントください。。。

 

 

 

 

 【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com