shuukatsu.Kentablog

こちらはFラン大学のダメ人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。200名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活術を公開中

学生!この立場を最大活用しよう

んにちは

 

学生生活の思い出は就職活動です。。。。。。。

 

 

けんたです。

 

 

前回前々回は

 

志望動機と自己アピールでしたね。

 

重要ポイントとして

二つに共通していたのは

何事も一貫性です。

 

 

志望動機、自己アピールに

不安を感じてる人は

 

前の記事をご覧ください。

 

不安のない方は

読んでいただかなくて

大丈夫です。

 

 

 

 

 

さあ、

今回は履歴書の一番右端にありがちな

 

「学生時代に一番頑張ったことです。」

 

 

ここで一番の最難関ポイントです。

 

これの面接官の質問の

意図って何でしょう。

 

 

 

何度もいいますが、

 

なぜと考えることは

答えることより重要です。

 

こちらは

 

少し前の記事と被りますが

 

面接官は

あなたの経験やスケールではなく、

 

「会社に入社後に

あなたがどのように輝ける人なのか。」

 
 
これは洋服を選ぶ時に
見た目とブランドで決める方と
 
試着し
しっかりと見極めたうえで決める方
 
両方いらっしゃいますよね。
 
 
人事の目的は
 
とにかく会社に利益をもたらしてくれる人を
入社させることです。
 
 
80万円を払っても100万円の利益が出れば
成功なのです。
 
 
余談ではありますが、
 
一人の新入社員が
入社して研修期間の教育費や経費などを合わせると
80万円ほどといわれております。
 
 
つまり、入社一か月で利益を
出せる人間など基本いないので、
一人80万円の負債を背負って
社会人生活がスタートしているのです。
 
まあ、入社した新入社員が気にする
事ではないですが。
 
 
それぐらい雇うということは
リスクがあります。
 
 
 
 
話が逸れましたが、
所詮大学生のスケールなど当てになりません。
 
 
つまり、
 
「その会社に
いかに、自分が適合するか、
利益を生み出せそうか。」
 
これが重要になってきます。
 
 
あなたもわかると思いますが、
 
全ての企業が
同じ人材を募集をしているわけではございません。
 
でも安心してください。
 
どんな会社にも欲しがる人物像があります。
 
 
それは
会社に安定して利益を生み出してくれることです。
 
 
ちょっと難しい。
 
そう思った人。
 
 
当然です。
 
 
「私は利益を生み出し続けられる人間です。」
 
 
これを面接官に想像させなければいけません。
 
 
 
あなた=メリットの出る人間
これを連想させなければいけません。
 
 
{161F892D-2941-4184-A023-1E3A3CFD5DEB}
 
ここで一つ言っておきます。
 
「学生時代に力を入れたこと。」
 
これに大きなスケールは、
 
 
一切必要ありません。
 
 
私は、人数が多いサークルで
情報を円滑に回るように
工夫しました。
 
バイトや資格挑戦
など経験のなかったことは
ど素人の気持ちで
素直に物事を受け入れ
行動しました。
 
 
小さい簡単な例を出しましたが、
これらをどれだけ奥深く
掘り下げられるか。
 
 
 
これだけです。
 
 
面接官に
 
「こいつなら、率先して取り組んで
仕事できそうだな。」
 
「こいつなら学習早くて、俺が楽になるな。」
 
こう思ってもらえれば、
もう勝ちです。
 
 
内定おめでとうございます。
 
 
「こんな小さいことで大丈夫なのか。」
 
「スケール小さすぎないか。」
 
 
そのように嘆いている人。
 
 
安心してください。
 
 
所詮大学生です。
 
大学生のスケールなんて
意味を持ちません。
 
 
見ているのは、あなたの
 
将来性です。
 
即戦力で力になってもらおうなんて
 
思っていません。
 
 
 
今さら
 
学生時代頑張ってきた
一流大学のスーパーエリートに
勝てるはずありません。
 
 
しかしその人たちは
大学生のたった3~5%です。
 
なので
 
あなたは
 
 
残りの95%の人間の中で一番になりましょう。
 
このノウハウを
 
知っていてかつ実践してる学生は
 
1割ほどしかいません。
 
 
残りの9割は
自分を偽ってスケールを大きくすることに
必死です。
 
 
嘘をつくなと言っているわけではありません。
 
 
限度があります。
 
偽りは、信憑性を
どんどん削り、足元をすくわれます。
 
前々回から記事を見てくれている人は、
 
 
「あいつまだ就活やってるらしいよ。」
 
という言葉に怯える日の
卒業に迫っています。
 
 
なんでもやり放題です。
遊びに行くのもよし
バイトをしてお金を貯めるのもよし
卒業旅行の計画を立てるもよし
 
もう何でもできます。
自由です。
早く就活終わらして、
遊びまくってください。
 
 
今回の記事は
 
学生時代に力を入れたこと
 
この質問の意図は
 
あなたが入社後、どのような
利益を生み出してくれるのか
を見ています。
 
 
ここだけです。
 
 
今回の記事は以上となります。
 
また質問、不安や悩みがあれば
お気軽にコメントしてください。
 
一緒に満足いく就職活動にしましょう。
 
 

 

 

 【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com