Finding employment.Kentablog

こちらはどうしようもない学校出身の人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。350名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活法を公開中

内定内定内定 とにかく内定!!

んにちは

 

とにかく内定が欲しい人にサポートする

 

けんたです。

 

 

今回は、内定が欲しいあなただけに

 

書く記事になっております。

 

 

就職活動をやっていく中で

 

あの人は「内定を取りそうだな。」

 

 

そう感じる人がいるかもしれません。

 

 

そのような優秀な人には

 

同じ特徴があります。

 

 

それはアルバイトをしていることです。

 

そんなの学生だったら基本、

「誰でもやってるでしょ。」

  

確かにほとんどの学生が

アルバイトをやっています。

 

ただ

就活強者の学生は

アルバイトの中でも

営業のアルバイトをしています。

 

「営業のアルバイトってなんだよ。」

  

営業のアルバイト、例

 

・携帯電話販売。

 

・不特定商材の飛び込み営業。

 

・テレフォンアポイント

 

などが簡単な例です。

 

私の友人だと

 

docomoショップの携帯販売で

月30万くらいも稼いでいました。

学生で業績トップでした。
 
それらの人達を
面接官は見た時に
顔でほしいと言っていました。
 
後からその友人に訪ねると、 
大手3社から内定をもらっていました。
 
 
高校の先輩にも
 
布団を10セット
一般家庭に売っている方がいました。
 
ダサイなと思いましたが、
 
でもその先輩も
大手3社から内定をもらっていました。
 
なぜか。
 
まず初めに言っておきます。
 
 
別に
今すぐに営業のアルバイトを
してほしいというわけではありません。
 
 
この人たちは、
 
 
面接は自分を
表現し売り込む営業
 
だと思っているからです。
 
 
{21F0C607-D2F0-469A-BE5D-CAA3AFCFAAD2}
重要なのは、
 
面接は質問をただ
マニュアル通りに答えるものでは、
ないということです。
 
ふとんの話でいうと、
 
 
面接官は売った枚数や
売り上げにさほど興味はありません。
 
問題点を追求し改善策を立てる。
 
そして実際に売り上げが伸びた。
 
ここに注目してます。
 
 
ふとんの話ではありませんが、
 
面接官は
 
問題解決能力
 
上昇志向
 
 
ここを重要視しています。
 
 
決して
嘘をついて表現しろと
言っているわけではございません。
 
 
あなたも過去に
一度は何か課題を解決し
実績を残したことがあると思います。
 
 
目に見えた成果が無くても
 
言い方を変えれば
いくらでもあるはずです。
 
課外活動・部活動・サークル・バイト・テスト
 
何らかの所で
 
 
悪かった点を
良くしたことがあるでしょう。
 
 
この結果に
利益が出ていればなお良いっていう
だけの話なんです。
 
 
自分では「こんなこと」
 
と思っていることが、他の人と比べると、
 
凄いなんてよくある話です。
 
もっと自分を課題評価してあげてください。
 
そして
 
受ける企業に対して、
 
ここに
私は一番入りたいと思って望んでください。
 
 
事実面接で
 
御社は第一志望ではありません。
 
こんなこと言ってみて下さい。
 
必ず落ちます。
 
 
そんな人
誰も採用したいとは思いません。
 
 
まとめますと
 
 
現在就職活動をやっている人
 
もうそろそろ就活を始める人
 
 
過去を振り返って思い出してみて下さい!
 
 
必ずあなたには、
 
 
課題解決する
力があります。
 
 
 
自信満々で面接官に
 
「私は課題解決ができます。」
 
とアピールしてください。
 
 
これは基本です。
 
 
今まで面接を
質問会だと思っていた人は
 
 
自分を
アピールする場に変えてください。
 
 
次回も内定に執着した記事を書きます。
 
 
 

 

 

 【自己紹介&実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com