shuukatsu.mamorublog

こちらはFラン大学のダメ人間が大手内定3社を含む5社内定獲得した人間が運営しています。200名以上の学生が実践し結果を残し続けている簡単な就活術を公開中

僕の就活人生と挫折

んにちは

就活サポーターまもるです

 

 

今回、正直に一切の嘘なく

僕の全てをお話しします

 

 

どうして僕が就活サポーターを始めたのか。

 

 

何がきっかけだったか。

 

 

今までどういう人生を歩んできたのか。

 

 

こと細かく明確に話していきます。

 

 

ただただ僕の熱い思いを書く日です。

 

 

僕の生い立ちからすべて話していきます。

 

ただゴチャゴチャ書いても

仕方ないと思いますので

 

今までサポートした就活生の実績

簡単に紹介します。

 

 

<文系、薬学>

アークレイ

 

第一生命

丸紅

 

明治

etc…

 

 

<理系>

 

 

任天堂
富士重工
ヤマハ

 

シャープ

 

リコー

etc…

 

 

これが

16卒、17卒
サポート内定実績
です。

 

 

志望する企業は

ありましたか?

 

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

ここをタップ

公式LINE

サポート

 

 

では僕がどんな人間かお話しします。

 

人生 に対する画像結果

 

は福岡県城南区というところで生まれました。

 

そこで10年ほど暮らしていました。

 

家族構成は父・母・兄・兄・僕

です。

 

どこにでもいるような5人家族です。

 

 

 

父親農林水産省の役所で働いて

支部長までなっている役人の公務員です。

 

 

母親は専業主婦です。

 

 

以前親の源泉徴収を見たことがあるので正直に

話しますと年収は1100万円くらい

だった記憶があります。

 

 

見てのとおり正直貧しい家庭ではなく

比較的自由に生活をしていました。

 

 

別に厳しいわけでもなく

比較的放任主義の家庭で育ちました。

 

 裕福 に対する画像結果

 

人の兄はというと

 

長男は僕と歳が10個離れています。

 

テニスを学生のころからしており

大学では車に興味を持ちレースの大会で

日本一になったほどの実績のある実力者です。

 

 

因みに長男の就職先はダンロップです。

誰もが知っている最大手です。

 

頭が上がりません。

 

 

 

 

男も同じく中学生のころから本格的に

テニスを始め高校の途中から飲食業のアルバイトに

言ったことをきっかけにバーテンダーになるという

目標を立てた人です。

 

 

専門学校に通い、コンテストでも何度か

優勝する実績を残しています。

 

 

そして就職先は帝国ホテルです。

 

世界が認めるあの帝国ホテルです。

もう頭が上がりません。

 

 

 

 

そしていよいよ僕ですね。

この流れだと確実に勝ち誇った実績をもって

最高の人生を送っていそうですね。

 

 

ただそんなに神様は優しくありません。

 

神様怒る に対する画像結果

 

は僕も兄の影響でテニスを始めました。

 

体を動かすことは比較的好きだったので楽しかったです。

 

ただ好きだっただけでテニスの実績で何か

名誉な成績を収めたかというと収めていません

 

 

あなたも必ず経験したことがある高校受験。

僕はテニスが好きだったのでテニスが強い公立高校に

進学しようと考えました。

 

 

そうしたらたまたま5教科受験とは別に自己表現という

審査方法のあるいい感じの高校を見つけました。

 

 

ここで僕は運よくその高校に拾ってもらったのです。

 

 

因みに高校受験の自己採点は220点くらいでした(笑)

 

 

偏差値も43~45くらいだと思います。

 

テニスが少しできたので

偏差値54の高校に通うことが出来ました。

 

 

因みに補足ですが

兄二人は偏差値60前後の高校へ。

両親二人は国立の高校を卒業している秀才です。

 

 

ここで僕は圧倒的に学力の無さを痛感して

家族との会話がしづらかったです。

 

 

兄弟のいる方ならわかると思いますが

とにかく兄二人と比べられることが多かったです。

 

 

兄弟がいる人は宿命なのかもしれませんが

本当に比べられることが多かったです。

 

 

あまりにも比較されていたので本気で

家出を考えた日もありました。

 

それくらい苦しかったです。

 

 家出 に対する画像結果

 

その苦しい時期、

学力では何も言えないのでテニスを頑張ろうと

高校の2年半必死で頑張りました

 

 

頑張って頑張って頑張ってそれでも僕の実績は

シングルス県大会1回戦敗退が最高です。

 

 

大した実績でもないので大学からの推薦はきませんでした

 

 

正直高校の3年間はテニスしかしてこなかったので

学力なんて皆無です。

 

 

完全に捨てていました。

 

 

なので当然ですが進学先を選ぶのにも

相当苦労しました。

 

 

これから勉強してセンター試験でいい大学に

いけるとは想像できなかったので

 

 

選択肢は高校の指定校推薦かAO入試のみでした。

 

 

ただ学力の関係で指定校推薦は選択肢から

即効消えてしまいました

 

 

残るはAO入試です。

 

 

テニス部の顧問の先生に何回も相談して

千葉県にあるFラン大学のAO入試を受けました。

 

 

因みに言い忘れていましたが

小学4年生のころに親の転勤で千葉県に引っ越しました。

 

 

 

Fラン大学の入試は無事に合格して

大学はそのFラン大学に行きました。

 

 

ここで余談ですが僕は結構就活生に

 

「目的を明確にして」

 

などと言ってますが僕が大学受験した時に

目的なんてありませんでした。

 

目的ない に対する画像結果

 

とにかく大学に進学しないといけない。

 

そして僕の学力で行ける大学は数少なかったので

とにかく大学に進学しました。

 

 

ここまで見てくれた方はわかるかもしれませんが

どこにでもいる凡人学生です。

 

 

こで大学入学までの18年間を簡単に書きます。

 

 

・三男としてこの世に生まれる

・兄や家族が秀才過ぎて家出を考える

・そんな親たちを見返したくテニスを頑張る

・突出した実績を残せず学力もなく悩み苦しむ

・学力的に行ける大学が少なく目的なくFラン大学に入学

 

 

 

このような感じです。

 

大学入学後も目的なく入学したので魂が抜けていました。

 

魂抜ける に対する画像結果

学入学後

たまたま仲の良い友達が同じ大学に入学していたので

その友達と同じサークルに入りました。

 

 

ここでもしテニスサークルなどに入っていれば

コミュニケーション力が磨かれたのかもしれませんが。。。。

 

どうでもいいようなサークルに入りました。

 

 

楽しくない。楽しくない。楽しくない。

 

 

 

全く楽しくなかったです。

 

楽しくなかったのでサークルもサボりがちになり

僕は家の近所にある個人経営の酒屋さんで

アルバイトをしました。

 

 

正直、

全く楽しくないバイトでしたが

時給が1000円という魅力に

負けてずっと働いてました。

 

 

お金は溜まりましたが別に楽しい人生ではありません

 

 

こんな感じで大学3年生になりました。

 

 

3年生になると周りとの会話も

少しだけ変わってきました。

 

 

今まで話題に1度も挙がってなかった

 

「就活」という言葉を聞くようになりました。

 

 就職活動 に対する画像結果

 

もうそんな時期かと考えました。

 

 

ある時僕はふと思ったのです。

 

 

親を見返すのはこれだ!!

 

 

これが見返すチャンスだと思いました。

 

少し前に書いてある通り

二人の兄は最大手に行って幸せな人生を送っている

人たちです。

 

 

僕は終わりよければ全て良しだと考えました。

 

 

 

それからの大学生活はアルバイトと就活の準備しか

していませんでした。

 

 

とにかく

自己分析・業界研究・ES・面接練習・SPI勉強

できる事は何でもしました。

 

 

「これで俺はもう完璧だ!」

 

「完全に勝ち組ルートで

残りの学生生活自由だ!」

 

 

このように勝ち誇っていました。

 

天国 に対する画像結果

 

ざ就活スタートです。

 

ここで余談ですが僕の年の就活は

12月解禁でした。

 

 

僕の描いている理想は

 

「3か月で終わらせる!」

 

でした。

 

 

いざふたを開けてみると

 

 

ESは全然通らない

面接緊張して何も言えない

自信のあったSPIも40%くらいしか通過しない

 

 

 

もう地獄の始まりです。

 

どん底 に対する画像結果

 

50社以上連続で不採用になると

さすがに人間不信になります。

 

 

もう何を信じていいのか正直分かりませんでした。

 

 

周りの連中は続々と就活が終わったツイートを

していたので泣きそうでした。

 

 

こんな苦しみが5月くらいまで続きました。

 

約半年間苦しみ続けていました

 

 

なんで同じFラン学生なのに

こんなに違うんだとモノにあたるときもありました。

 

 

そんなあるときです。

僕にある事件が起きたのです。

 

驚き に対する画像結果

 

同じ高校で同じ大学にいって仲の良かった友人が

いきなり大手から内定を取り始めたのです。

 

 

実はこの友人も僕と同じく

就活に苦しんでいました。

 

 

そんな友人がいきなり大手から内定を

貰ったらそれは驚きます。

 

 

その友人に聞くと

サークルの先輩から就活のコツ

教えてもらったというのです。

 

 

正直この時サークルをサボらなければよかったと

後悔していましたが結果論なので飛ばします。。。

 

 

 

同じように苦しんでいた友人が

大手から内定を貰ったので僕は迷わず

その友人に頼んで先輩と会いました。

 

 

今思うと

唯一、僕が良かったのは

迷わずにその先輩に頼りに行ったことくらいです。

 

 

僕は先輩にあった後

本当にこの就活のやり方で合っているのかは

わかりませんでしたがアドバイスに従って

行動をしました。

 

 行動 に対する画像結果

 

アドバイスに従っただけだったのに

僕は大手3社から急に内定を貰えるようになったのです。

 

 

「こんなシンデレラストーリーあるかよ」

と思うかもしれませんが

 

 

あったのです。

 

 

ESは面白い具合に通過する

面接も楽しくなって楽々通過

最終面接なんて楽しくてしょうがなかったです。

 

 

 

結果的に僕は8月まで就活を続けて

大手3社を含む内定を5つ貰いました。

 

 

因みにこれは6月~8月の3ヵ月だけです。

 

 

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

ここをタップ

公式LINE

サポート

 

 

僕は就活中人間不信になりかけましたが

6月以降就活が楽しくなり

 

 

何より人の面白さに気づき人が好きになり

人というものに特化した仕事がしたいと思い

○○ナビに入社しました。

 

 

 

内定をもらって親に報告したところ

親が泣いて喜んでくれました

 

 親泣く に対する画像結果

 

逃げないで頑張って就活してよかったと

この時改めて感じました。

 

 

就活は人生の分岐点です。

 

 

頑張った分だけ喜びは今まで

想像したことがないくらいうれしいです。

 

 

入社後は

営業マンとして

中小企業の説明会をやったり

数々の商談をこなして現在に至ります。

 

 

 

 

はなぜ僕が2015年から就活サポーター

をしているのか。

 

 

2015年の時は正直

今ほど熱意はなかったです。

 

隠していてもしょうがないので

正直に話します。

 

 

自分があれだけ苦しんだから

母校の学生くらいは楽して就活を終えて

ほしいという軽い考えでした。

 

 

この時の僕はこのようにも考えてました。

 

「ES添削めんどくさい」

 

 

今でこそ喜んで引き受けてますが

当時は正直だるいとも思ってました。

 

 

 

ただ母校の学生が内定を貰って

僕に報告してくれた時に考えが一変しました

 

 

・「内定取れました。本当にありがとうございます。

 

・「心配していた親をホッとさせることが出来ました。」

 

・「東大の友達に自慢してやりましたよ!」

 

 

{BF9299E7-1E2B-4C26-8197-F1E043307B80}

 

{09D9AA4D-1196-4E30-A165-CA3A2978619F}

 

 

{0DF6845D-47B8-4703-A0A5-425A0BC888C8}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな言葉を頂いて嬉しさとやりがいを感じ

プロ就活サポーターとして活動することを

決めました

 

決心 に対する画像結果

 

 

「ここまで人に感謝されることってあるんだ。」

 

 

僕はこのように感じました。

 

そしてこのようにも感じました。

 

責任重大だ

 

 

だって就活は人生の分岐点何ですから。。。

 

 

 

ですがここに僕は責任感とやりがいを感じているのです。

 

 

今までは母校の学生だけ就活が

上手くいけばいいと

思っていましたが

 

 

は僕を頼ってくれる学生だったら

全員志望企業に行かせようと考えています。

 

 

僕はいつも一つの言葉を頭に掲げています。

 

オールコミット

 

 

という言葉です。

 

僕の中でこれは

 

 

頼ってくれる就活生は全員救う

 

 

という事です。

 

 助ける に対する画像結果

 

つい先日も18卒の学生から

 

「ありがとうございます。」

 
という言葉を貰い日々幸せを感じています。

 

 

 

 

かなり長くなりましたが

これが僕の生い立ちから

プロ就活サポーターになるまでです。

 

 

 

んな僕ですが一緒に

 

大手内定・志望企業内定勝ち取りませんか?

 

そして楽しい学生生活の期間を増やしませんか?

 

 

最近公式LINEを始めました。

どんな小さな悩みでも誠心誠意お答えします。

 

 

内定を取らせるためだったら

どんなサポートもするつもりです

 

 

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

ここをタップ

公式LINE

サポート

 

 

 

以前はメルマガで

サポートもしていたのですが

LINEの方が気軽に相談できると

就活生がおっしゃられたので

 

ご希望に沿う形にしました。

 
 
 
【内定獲得裏技ブック】

誰もが悩む就職活動。

こちらはしっかりとした自己分析をし、
満足のいく就活を通して、
志望企業から内定獲得することを
目的としたファイルです。

就活の荒波に耐え
一流企業に就職した
元ダメ人間社会人の就活時代の行動や


低学歴から大手へ内定した
就活生のデータを参考に
作成されております。



無料の文章ファイル(PDF形式)
になっているので、
ぜひ試してみて下さい。


このPDFは、

・就活で妥協したくない。
・就活後に「こんな、仕事したくない。」と
   思いたくない方。

・自己PRやESの書き方がわからない。
・自分に何ができるのかわからない。


このような悩みを
解決するために作成しました。

これを使えば、

・「自己分析がしっかりとできるので
ESや面接に自信を持って取り組める。

・「面接官の評価ポイントがわかるので、
面接官に自分の最大限の魅力を伝えることが
出来る。」


そして確実に内定が獲得できる。

事実結果が出ていますので
余裕をもって
残りの学生生活を満喫できます。

友人と海外旅行に行くもよし。


何も考えずに飲み会で叫ぶもよし。

なんでもできるようになります。

就職活動はあなたのこれからの人生を
大きく左右させる
ターニングポイントです。


あなたも早く内定を取り
ゆっくりと学生満喫しませんか。

 
 
 
ステップとしては

=====================


LINE友達追加して頂きます。

内定獲得裏技ブックをお渡しします。

③お気に入りのスタンプを1つ送る

これで完了です。


======================
※ご入力いただいたLINE・メールアドレスは、厳正に
管理し、外部への共有、貸出、売却等は決して
致しません。

※ご登録いただいたLINE・メールアドレスには不定期で
作者のメールマガジンも届きますが、
不要の場合はいつでも解除可能です。

※就活情報やメルマガ特典を
見逃すことのないようしてもらえればと思います。
 
 

 

 

かなり長くなりましたが

本日は以上になります。

 

 

いつもは30分くらいで

書き終わるのですが今回は

4時間かかってしまいました。。

 

熱く語りすぎましたね

 

 

ではまた明日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを知らないだけでアナタの評価は下がる続ける。。。

んにちは

就活サポーターまもるです

 

 

前回無事に面接室から

退出することができましたか?

 

f:id:hkentaeigyou:20170920185428p:plain

 

前々回で面接会場に頑張って入室して

前回は色々な葛藤のなか退出したと思います。

 

 

面接会場より退出できていれば

この記事も多分読めていると思いますので

安心します。

 

 

今回は【見落とす面接マナー】です。

 

意外と見落としがちで評価にもかなり影響する

部分ではあるのでお話ししたいと思います。

 

 

なおこのテーマについては

今回・次回・次々回の三部構成でお話しします。

 

 

今回お話しする内容は

僕自身も困った経験がありますし

サポートした就活生も困った人が多かった点

をお話ししていきます。

 

 

僕のような失敗をアナタに犯してほしくありません。

 

アナタにはできるだけ危険を回避して内定を

勝ち取っていただきたいです。

 

 

未然に防げるマナーですので

よく読んでいただければと思います。

 

 

 

☆失敗する面接マナー

 

f:id:hkentaeigyou:20170816205810j:plain

 

①上着やコートの脱着タイミング

 

夏場は暑くて上着を脱ぎたいと考えますし

冬場はコートを脱ぐ場面がきます。

 

 

ただ何も考えずに脱いでおいて置いたら

減点評価につながります。

 

こんな小さなことかもしれませんが

それがアナタの内定を消す恐れがあります。

 

 

何事にもタイミングというモノがあります。

 

告白やボタンを押すのにタイミングがあるように

就活でもタイミングがあります。

 

タイミングを逃すと失敗に終わり

タイミングばっちりだとコンボになると思います。

 

 

上着の脱着について詳しく話します。

 

 

〇夏の場合

 

夏は暑くてネクタイを外したりすると思います。

外を歩くときはいいのですが社屋に入る時は

必ず上着・ネクタイの着用を心掛けて下さい。

 

 

なお事前にクールビズなどの提示があった場合は

着ていかなくてOKです。

 

 

クールビズOKと提示しているのであれば

上着・ネクタイを着用しなくても評価に

関係はありません。

 

 

それがその会社の社風なので

何も問題ありません。

 

 

着用して汗をかきすぎて

汗が冷え風邪をひくほうが問題です。

 

 

無理に上着もっていかず

クールビズOKの提示があるのであれば

素直に上着は置いていきましょう。

 

 

〇冬の場合

 

コートやマフラーは、社屋に入る前に

脱ぐのがマナーです。

 

理由としては

「コートに付いた汚れ・ホコリを建物に入れない」

という意味があります。

 

 

脱いだコートやマフラーなんですが

ハンガーラック掛けてもいいという指示があれば

利用させてもらいましょう。

 

 

もし特に指示がなければ

自分の座る椅子の背に掛けるか

自分の鞄の上にのせて下さい。

 

 

の時の注意点として

コートをそのまんま自分が着るように

掛ける人が多くいます。

 

 

あまりにも多いのでそれで問題ないと

なっていますが実際はNGです。

 

 

本来はコートを裏返しにして

折って椅子の背に掛けるのが正しいです。

 

f:id:hkentaeigyou:20170920185539j:plain

 

コートにはホコリがどうしてもついているので

そのホコリを部屋に充満させないために

裏返しにするのです。

 

 

これを知っていると

「コイツ一味違うな!」

思わせることができるポイントです。

 

 

是非、周りの就活生に流されず

コートかけてもらえればと思います。

 

 

回の「失敗する面接マナー」

は以上になります。

 

 

まだアナタにお伝えしたいマナーが

4つあります。

 

 

とても簡単だけど重要なマナーになっているので

次回も楽しみに待っていてください。

 

 

ではまた。。

 

 

 

 

【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com

よし面接終了!気持ちよく面接会場を出て羽を伸ばそう

んにちは

就活サポーターまもるです

 

 

前回は無事に面接会場に着いて

面接室に入室しましたね。

 

f:id:hkentaeigyou:20170920164745p:plain

 

色々と格闘があったと思います。

 

・あの質問もっと良い返答できたな~

緊張したな~

・あの就活生めっちゃコミュニケーション力あるな

・ずっとあの面接官睨んでくるな

 

 

色々面接中に感じたことがあったと思います。

 

ではさっさと退出しましょう。

ただ退出にもマナーがありますので

緊張感は忘れないでください。

 

心の中で「ホッ」とするのは良いです。

ただ面接は終了していません。

退出も評価対象に入ってます。

 

 

気を抜かずに最後まで

面接をやり切って退出していきましょう。

 

 

では退出マナーお話しします。

 

 

☆退出マナー

 

 

①面接終了の合図をされる

 

面接官から、面接終了の合図をされます。

 

「面接は以上になります」

 

これを言われたら「はい」と言いましょう。

 

 

②お礼を言う

 

座ったまま一言お礼をしましょう。

 

「本日はお忙しい中お時間を割いて頂きありがとうございます」

 

お礼を言い終わった後に

座ったまま一礼しましょう。

 

 

③立ち上がって一礼しよう

 

立ち上がって「失礼いたします」

と言って、お辞儀をしましょう。

 

この時も言葉と動作は一緒にしないように

気を付けて下さい。

 

 

④ドアに向かいましょう

 

自然な動きで最短距離で

ドアに向かっていただいてOKです。

 

 

⑤ドアの前で再度一礼

 

ドアの前に移動した後

面接官の方を振り返りましょう。

 

そして「失礼します」と言って、お辞儀をしましょう。

 

ここでは「失礼いたします」ではなく

「失礼します」です。

 

 

⑥自然な笑顔で退出

 

ドアノブを両手で開けて

口を閉じたま笑顔で退出です。

 

この時の笑顔のおすすめとしては

穏やかな心で目を少し細める感じの笑顔

面接官に安心感を与えます。

 

 

⑦ドアを閉めてさようなら

 

部屋から出る時は入室時と同じように

大きな音を出さないように静かに退出です。

 

 

これで退出完了!

f:id:hkentaeigyou:20170810150148p:plain

 

肩の力をスッと抜いて終わりです。

 

 

ただあくまで面接会場内は

企業先にですので面接会場を出てから

ノビをするなり大声を出すなりいくらでも

解放されてください。

 

 

この後は

面接で感じたことを

iPhoneのメモなり紙に書き出してみましょう。

 

 

面接でされる質問というのは

7割くらいはどこも一緒です。

 

 

同じような質問を

されるので反省をしましょう。

 

 

反省をした後は

もう切り替えです。

 

終わってしまったことは

もう変えることはできません。

 

 

クヨクヨせず

反省をしたら切り替えていきましょう。

 

1つ1つの出来事に深く感情移入しすぎると

精神が持ちません

 

f:id:hkentaeigyou:20170920164907p:plain

 

【切り替える】という事も

就活のメンタル管理では重要です。

 

 

切り替えて次に進んでいきましょう。

 

 

キリがいいのでこれで終了にしていきます。

 

回は面接での意外なマナーについて

お話ししていきます。

 

 

アナタの常識が実は違う!

 

という事が絶対に出てきます。

 

次回の内容を知らないまま面接に乗り込んだら

アナタは面接会場で恥をかきます。

 

 

評価も爆下がりです。

絶対にそんな事態は回避しなければいけません。

 

 

知るだけで回避できるので

絶対回避していきましょう。

 

 

ではまた。。。。

 

 

 

【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com

面接の始まりは入室・終わりは退出・・・

んにちは

就活サポーターまもるです

 

 

前回はそもそもどうして面接をするのか

などの本質を解いていく回でしたね。

 

f:id:hkentaeigyou:20170904201938p:plain

 

もう前回で面接をする理由は

明確になったと思います。

 

 

あとは面接を受けて

自分を表現して内定を勝ち取るだけです

 

 

やることがかなり明確になりました。

面接をして内定を取るだけです。

 

 

どんどん内定を勝ち取って

周りの友達に自慢しちゃいましょう。

 

 

今回はいよいよ面接を実際にやっていきます。

 

 

ころで1つ質問です。

 

面接は何から始まると思いますか?

 

 

・面接の準備

・事前にトイレに行く

・自分の気持ちを落ち着かせる

・リラックス

 

 

「はいはい。色々ありますよね。」

 

 

因みに全て正解です。

全部あってます。

 

 

おそら先ほど挙げたようなものは

僕がいちいち話す必要はないと感じたので

特にお話ししません。

 

 

最低限、面接の時間に遅れず

5分前に会場に到着してさえいただければ

それでいいです。

 

 

面接までの過ごし方については

アナタにお任せします。

 

 

・落ち着かせるためにつぶやく

・トイレでゆっくりする

・周りの就活生と話す

 

 

何でもいいです。

 

 

因みに僕は

トイレに行って音楽を聴いて

心を落ち着かせたこともあります。

 

 

もちろん出番が回ってこないことは

確認済みでトイレに行ってますが。。。

 

 

自分の心を落ち着かせるためには

何でもいいです。

 

 

あなた自身が落ち着く行動を

してもらえればと思います。

 

 

そして今回お話ししていくのが

入室についてです。

 

 

なお流れ的に次回は

退出のマナーについてお話ししますので

なんとなく頭に入れておいてもらえればと思います。

 

 

入室のマナー

さほど難しいモノではないですが

第一印象は大事です。

 

 

難しいマナーではないので

確実にこなしていきましょう。

 

 

なおこれは社会人になってからも

活用するものなので覚えておいて損はないです。

 

f:id:hkentaeigyou:20170906153455j:plain

 

☆入室マナー

 

 

①ノックをする

 

呼ばれたら第2関節の部分でノックしましょう。

 

ノックは3回or4回です。

 

正直どちらでもいいです。

2回はトイレなどで使うものなのでNGなのですが

3回・4回に大した差はありません。

 

ただ気になる人もいると思うので

それはまた今度お話しします。

 

 

②ドアを開ける

 

「失礼いたします」と言って入室しましょう。

 

 

③面接官と目を合わせよう

 

これはそのまんまです。

普通の顔でアイコンタクトをしてください。

 

 

④ドアを閉める

 

大きな音をたてないように

ゆっくりと閉めましょう。

 

 

⑤「よろしくお願いいたします」と言う

 

面接官を見て「よろしくお願いいたします」と言ってから

一礼してください。

 

ここで大事なのは言いながら一礼しないことです。

一つ一つの動作を分けて下さい。

 

 

⑥椅子の横に立つ

 

椅子の横に移動する時は

ドアに近い側に立ちましょう。

 

椅子の横にスペースがなければ前でOKです。

 

 

⑦名乗りましょう

 

「学校名・お名前をどうぞ」と言ってくるので

面接官に目を向けて「学校名・名前」の順で話しましょう。

 

 

⑧一礼しよう

 

名乗り終わったら「よろしくお願いいたします」と

言って一礼しましょう。

 

その際、入室時と同じですが

言葉と動作を分けるようにしましょう。

 

 

⑨着席前に会釈

 

「どうぞ」と言われるので

「失礼いたします」と言って座りましょう。

 

 

⑩着席

 

かかと・つま先をしっかりと付けて

座りましょう。

 

背筋を伸ばして椅子にこぶし1個分空けて

座ったら面接スタートです。

 

 

f:id:hkentaeigyou:20170920160342j:plain

れで今から面接官に向けて

自己表現開始です。

 

 

リラックスをして

偽りなく話していきましょう。

 

 

これ入室までの流れは以上です。

 

次回は退出についてです。

 

「面接の中身が重要だろ!」という

声が聞こえてきます。

 

安心してください。

後々お話ししていきます。

 

 

ただ終わりを知らなければ

頑張った中身も水の泡です。

 

 

ですので先に退出について

お話ししていきます。

 

 

では次回またお会いしましょう。。。

 

 

 

【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com

あなたはどうして面接をするのですか?

んにちは

就活サポーターまもるです

 

 

まず初めに

 

たくさんの意気込み

ありがとうございます。

f:id:hkentaeigyou:20170811230749j:plain

 

「ここまで来たからには大手内定取りたいです」

「志望企業絶対に入社します」

「残りの1年は遊び惚けたいです」

 

 

色々なコメントを頂いて嬉しく思います。

 

その意気込みをそのまま

これからの行動力につなげてもらえればと思います。

 

 

 

今回は僕が就活生時代に

疑問に思ったことからお話しさせていただきます。

 

 

・なぜ面接をするのだろう?

 

この疑問を持つ人といない人

がいると思います。

 

僕は自己分析・企業分析・ES

これら全てに対して疑問を持っていた人間です。

 

 

どうして行うのかという

理由が明確でなければ行動に

移せない性格だったのです。

 

 

もしかしたら僕と同じように

思ったかもしれません。

 

 

因みにこのような性格は

理由が分かれば行動できるという強みがあります。

 

 

本題に戻りますが

「どうして面接は行われるのでしょう?」

 

面接があるのは当たり前

という考えが一般的だと思いますが

改めて考えれば不思議ではありませんか?

 

 

だって能力や学歴、自己PRや志望動機を確認するなら

ESだけで充分だと思います。

 

 

外見や清潔感が気になるかもしれませんが

それは4cm×3cmの写真でわかるはずです。

 

 

社会的常識を確認したいのであれば

筆記試験やSPIで確認できます。

 

 

こう考えるとなおさら

面接をする意味が分からなくなってきますね。。。

 

一体どうして面接をやるのだろう。。。

 

 

に結論を話しますと

 

会ってみないと表現できないことを確認する

 

という事が面接をする意味です。

 

 

f:id:hkentaeigyou:20170905195250j:plain

・言葉遣い

・雰囲気

・礼儀作法

・会話能力

 

・問題解決力

・素直さ

・志望する情熱

臨機応変に対応する力

 

 

会ってみなければわからないことは

こんなにあります。

 

 

ESでは当然ながら嘘をつけてしまいます。

しかし面接は実際に自分の言葉として話さなければ

いけませんので嘘をついてもバレます。

 

 

社会は信頼で成り立っています

そして何より社会で働くという事は

人間関係の中で働くことです。

 

 

決して一人だけで働くわけではありません。

 

たくさんの人と仕事をするため

自分を表現することが大事になってきます。

 

 

いくら東大生のように学力が圧倒的に高くても

応用力がなければ社会で通用しません。

 

 

逆にいくら学力が皆無な人間でも

とりあえず意見を言える人間は魅力的です。

 

 

結局、実際に会ってみないと

企業側も判断しかねますし

就活生側も自分を十分にアピールできません。

 

 

お互いに面接する理由が

合致したので面接を行うのです。

 

直接接してみないとわからないことが

あまりにも多すぎるのです。

 

 

わからないことが多すぎるので

面接をするのです。

 

 

だ1つだけ補足だけしておきます。

 

わからないことが多いという事で

ES書いていない事ばかり話すのは絶対に

止めて下さい

 

f:id:hkentaeigyou:20170919171221j:plain

 

そもそもES関連していないことを

話されてもその情報は面接官の脳にインプットされません。

 

 

あくまでESの内容に関連すること

より深堀してESだけで表現できなかったことを

存分に話していただきたいのです。

 

 

それが1つ目のポイントになります。

 

 

今回は【面接をする理由】について

お話ししました。

 

 

もう面接をする理由は完璧ですね。

もう面接に挑む理由は見つかりましたね。

 

では次回から実際に面接に入っていきます。

 

 

回は面接をするにあたって

大切な【入室・退出のマナー】についてです。

 

 

やっぱり初めの就活で

入室する時はとても緊張しますよね。

 

完璧な入室はしなくてもいいのですが

最低限抑えていただきたいことがありますので

読んでいただければと思います。

 

 

ではまた次回お会いしましょう。。。

 

 

【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com

アナタの考えを180度変える面接!

んにちは

就活サポーターまもるです

 

 

今まで数々のセクションを

通り抜けてきてくれたアナタ

 

 

とうとう最終段階の仕上げ

入ってきましたね。

 

f:id:hkentaeigyou:20170916203006j:plain

 

就職活動のマインドセット

基礎礼儀

自己分析・業界研究

ES・履歴書

グループワーク・ディスカッション

 

 

5つ簡単に書いていますが

かなり内容が濃いモノになっていると思います。

 

 

実際のところ

本当にどんな企業でも内定が取れれば

それでいいという考えなのであれば

僕の文字を読む必要はありません。

 

 

適当なマインドセット

結論から書かないESであっても

訳の分からない面接内容でも

一社くらいは内定取れます。

 

 

日本には大量の企業があります。

何も考えなければ一社くらい内定は

貰えます。

 

 

ただ僕の本望は違います。

 

 

僕はアナタが考えている

志望企業・大手企業に内定を取ってもらい

自分の目的・目標を叶えるため

スタートダッシュを切ってほしい

 

 

今まで何にも努力せず

ゼミにも部活動にも参加していない人間でも

人生の転機になってもらうために

僕はサポートをしています。

 

 

こまでついてきてくださったのも

きっと志望企業・大手企業の内定を取り

アナタの自己実現に向かうためだと思います。

 

 

あと少しです。

もう内定は目の前です。

 

 

1次2次と面接をやっていき

最終面接を無事に終えればアナタに

内定が降ってきます。

 

 

ここまで来ました。

 

内定を勝ち取り最高で

最後の学生生活を満喫していきましょう。

 

f:id:hkentaeigyou:20170905204218j:plain

 

は【カンニングすれすれ面接編】

本格始動です。

 

 

面接と聞いたら

とりあえずこのように考えますよね。

 

 

「コミュニケーション力必須」

 

 

確かにコミュニケーション力が

合ったほうが良いのかもしれません。

 

 

しかし僕を含めサポートした学生が

あまりコミュニケーション力があった

印象はないので内定を取るために

それほど関係ないと思います。

 

 

すので

コミュニケーション力が無いと

不安に思っていても安心してついて

来てもらえればと思います。

 

 

ES編でお話ししましたが

面接では面接官をコントロール

することが可能です。

 

 

ですので突発的な対応をできる

中堅芸人さんのようなコミュニケーション力

全く必要ないのです。

 

 

ただ面接官を誘導さえできてしまえば

コミュニケーション力なんて要りません。

 

 

日本語が話せれば

内定は取れます。

 

 

アナタは日本語を話せますか?

f:id:hkentaeigyou:20170916203224j:plain

 

「話せるに決まってるだろ!」

 

でしたら大丈夫です。

 

 

アナタは大手内定・志望企業内定を

勝ち取ることができます。

 

 

これから

カンニングすれすれ面接術」

をどんどん公開していきます。

 

 

だその前に一つだけあなたに

行動していただきたいことがあります。

 

 

行動といってもとても簡単です。

 

僕のLINE宛てに

 

現在の面接に対する不安

面接に対する疑問

志望企業に対する思い

 

 

3つの内のどれかで構いません。

送っていただきたいのです。

 

 

面接に関しては

テクニックだけでなく

企業に対する思いが必要になってきます。

 

 

テクニックだけでは

伝えきれないものがあります。

 

 

企業への思いというのも

重要になります。

 

 

面接官の感情を動かすには

やはり言葉で伝えるのが一番です。

 

 

是非僕に思いを伝えて下さい。

 

今抱えている不安・疑問

就活に対する気持ち

 

 

何でもいいです。

お待ちしております。

 

 

は今回は以上になります。

 

次回よりテクニック面含めて

お伝えしていきますのでお見逃しなく

 

 

ではまた。。。

 

 

 

【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com

【インプット→アウトプット】これが就活の必勝法

んにちは

就活サポーターまもるです

 

 

まず初めに

 

今まで僕の話についてきてくださり

本当にありがとうございます。

 

 

f:id:hkentaeigyou:20170914205109p:plain

 

LINEやTwitterで質問をされるたびに

喜びを感じています。

 

 

いま就活生は何に悩んでいるのか

何をお伝えすれば効果的なのか

どのような就活を望んでいるのか

 

 

たくさんの意見を聞いて

「僕が就活生にできる事は何か?」

を日々考えることができています。

 

 

あなた一人の意見や質問が

僕を成長させてくれます。

 

 

引き続き質問や疑問点

社会人になるまでの不安等があれば

気軽に連絡してください。

 

悩み・疑問が解消するまで

とことん付き合います。

 

では今回のテーマに入っていきます。

 

 

回は

グループディスカッションの練習法について

お話ししていきたいと思います。

 

 

因みに今回お話しする内容は

グループディスカッションだけでなく

仕事でも活用できるものにしていきますので

見逃すことなく読んでいただければと思います。

 

 

まずはグループディスカッションに

絞った方法をお伝えします。

 

 

☆就活生同士で練習しよう

 

f:id:hkentaeigyou:20170914205143j:plain

 

色々な案がありましたが

結局これが一番いいと思います。

 

先輩でも後輩でもなく

同じ就活生と練習することが一番です。

 

 

ただなんとなくやるだけでは

上手くいきません。

 

客観的に見てくれる人も必要です。

客観的な意見がアナタの弱点を消していきます。

 

 

グループディスカッションの練習をするときは

以下の事を意識してください。

 

・メンバーは5人以上にしよう

・人事役を決めて採点してもらおう

・評価基準は「チームワーク」「論理性」

「議論の貢献度」「積極性」「時間意識」にしてみよう

・ディスカッション風景を動画で収めよう

 

 

人事役をつけたのは

先ほど言った通り客観的な評価

知りたいからです。

 

 

いくら自分が完璧だったと

思っても客観的にどう見られているかは

自分ではわかりません。

 

 

アナタの評価は

あなた自身が決めるのではなく

採用担当者です。

 

 

面接やESでもいえることですが

いくら自分自身の出来が良くても

客観的に見て評価されていなければ意味がありません。

 

 

客観的に見て

 

周りは見えていたか

意見はしっかりとしていたのか

グループの雰囲気は良かったのか

 

その評価がアナタの評価です。

 

 

客観的に見てどう見られているかを

分析し改善すれば高評価は約束されています。

 

サークル・ゼミ・部活

どんな関係の仲間でもいいです。

 

行動することが大切です。

練習をしたという行動力が

アナタを志望企業内定に近づかせます。

 

 

f:id:hkentaeigyou:20170914205225j:plain

 

後になりますが

就職活動を効率よく終了させて

学生生活を満喫する為に大切な

 

【インプット・アウトプット】

 

についてお話しします。

 

 

もうインプットアウトプットの意味は

知っていると思いますので深く説明しません。

 

 

ものすごく簡単に話しますと

『吸収したものを実践しよう』

という事です。

 

 

人は1日に大量の情報を吸収しています。

ですがあいにく脳みその大きさは

情報量とともに増えるわけではありません。

 

 

常に一定です。

 

吸収した情報も

無意識にポイポイ捨てています。

 

 

ただそれを止めることができます。

それがアウトプット(行動する)

ことです。

 

 

一番わかりやすく説明します。

 

アナタは何か1つでも

打ち込んだことがありますか?

 

f:id:hkentaeigyou:20170914205348j:plain

 

何でもいいです。

 

・小学校の時の運動会

・高校の文化祭・体育祭

・高校の部活動

・大学のサークル・部活・ゼミ・アルバイト

 

・受験勉強

・ゲーム

・ライブを見に行くこと

・異性とのデート

 

 

どれかしら

思い出せるものはありますよね。

 

 

その思い出せるモノは全て

アウトプットしてあなたに身に付いてるモノです。

 

組体操

何度も練習しませんでしたか?

 

受験勉強

繰返し同じような問題を解きませんでしたか?

 

アルバイト

同じ作業の繰り返しではありませんか?

 

 

 

結局それらが

当たり前にできるものになっていませんでしたか?

 

 

 

僕はこれらと同じように

就職活動でもアウトプットによって

自分に身に付けていただきたいのです

 

 

今までの経験でもわかると思います。

結局アウトプットできてはじめて活用

できるものになっているのです。

 

 

今までの傾向と同じように

情報を知ってすぐに激変することはないです。

 

 

しかしアウトプットすることで

激変させることは可能なのです。

 

 

アウトプットが本当に意味のないモノだと

いうのであれば一度僕と直接話しましょう。

 

 

アナタが納得できるまで付き合います。

 

々とお話ししましたが

今回はこれで以上になります。

 

 

なおこれで一旦

グループディスカッション編は閉幕です。

 

 

回はいよいよ

面接編に入っていきます。

 

 

就活生から最も質問の多い面接についてです。

 

かなり深堀して

アナタを面接マスターに

自動的に育っていただこうと思います。

 

 

面接マスターになった

アナタのその後の未来は

もちろん志望企業内定です。

 

 

志望企業内定を勝ち取った未来には

楽しくて自由な学生生活が待っています。

 

f:id:hkentaeigyou:20170914205459j:plain

 

後悔なくやりたいことは

何でもやっていただければと思います。

 

 

はまた次回から始まる

面接編でお会いできることを

楽しみにしています。

 

 

一人ではなく一緒に

志望企業内定を勝ち取っていきましょう。

 

 

ではまた。。。

 

 

 

 

【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com

 

 

グループディスカッション苦手?もうそんなこと言わせない!

んにちは

就活サポーターまもるです

 

 

前回はグループディスカッション

苦手克服のためにダラダラ話しましたね。。。

 

f:id:hkentaeigyou:20170914174233j:plain

 

『話すことよりも話を聞くことのほうが大切』

 

 

これだけでも伝わっていれば

僕は満足です。

 

 

前回はダラダラ書いてしまい

2つしかお伝えできませんでした。

 

 

お伝えできてなかった残りの手法を

アナタにお伝えしていきます。

 

 

前回の内容でも満足できるかもしれませんが

今回の内容をインプットしてもらい

初めてアナタは苦手克服します。

 

 

見逃すことなく

苦手克服法を見てもらえればと思います。

 

 

③最初に発言

 

アナタは人の話に流されず

自分の意見を相手に伝えたいですか?

 

チームの為に自分の意見が採用されたら

最高ですよね

 

 

難しそうですが意外と簡単に

意見を通すことができます。

 

 

それは

「一番最初に発言をする」

という事です。

 

 

議論を重ねると

複数の案が必ず出てきます。

 

その時一番採用されやすいのは

「一番最初に発言した人の案です。」

 

そして自分では思っていなくても

アナタは勝手にチームリーダーになれてしまいます。

 

 

自分の思うままにチームの意見がまとまります。

 

最初に発言しただけなのに

アナタの意見を聞いてもらえやすくなり

担当官もアナタにくぎ付けです。

 

 

役割によって評価は一切変わりませんが

リーダーは違います。

 

 

担当官が勝手に

ここのグループはこの子がリーダーだと

判断します。

 

 

判断されれば

自動的にリーダーシップ〇という

知らず知らずのうちに高評価を得られます。

 

 

では一番初めにする発言として

正しいのは何でしょう。

 

時間が限られているので

生産性のある発言がしたいと思います。

 

 

一番簡単で生産性のある発言は

「議論のタイムテーブルを大まかに決めませんか?」

これだけです。

 

 

生産性ある発言

一番初めに発言したことによる主導権

を握れる。

 

 

最高の『神ワード』です。

 

f:id:hkentaeigyou:20170914174317j:plain

 

 

なお

タイムテーブルで決める項目は

下記の事です。

 

・質問の定義を決める時間

・アイデアを出す時間

・アイデアをまとめる時間

 

・発表の準備をする時間(内容の落とし込み)

・リハーサルの時間(ぶっつけ本番はリスクが高すぎます)

・予備の時間(もしものトラブル対処時間です)

 

このように振り分けると

ディスカッションが円滑に回ります。

 

 

役割にはこだわらなくていい

ただ主導権を握れる高評価人間になろう

 

 

④付け足しでもいいので発言しよう!

 

「いきなり口火を切って

発言するなんて恐怖過ぎる

 

と思うかもしれません。

 

・そもそもアイデアが思いつかない

・アイデアがないから発言できない

 

こんな風に感じているかもしれません。

 

ただ何度も言っていますが

発言をしないという事は

議論に参加していないのと一緒です。

 

 

評価されない棒人間です。

 

こんな状態ではヤバいです

内定なんて程遠いです。

 

 

でも内定が欲しい

どうしても大手内定が欲しい

 

 

わかります。

僕もアナタに内定を取ってほしいです。

 

 

そんなアナタに

とっておきの方法があります。

 

 

それが

 

『つけたし評価利用』です。

 

 

とても極悪非道な名前ですね。

 

名前の通り周りの就活生の発言を

付け足ししたり評価をして

利用して自分の発言にする方法です。

 

つけたしは

アナタが同調できるアイデアに対して

自分の意見をプラスするだけです。

 

 

生のキャベツに塩をかけて

居酒屋によくある塩キャベツに

変身させるのです。

 

 

ただのキャベツでは

馬しか食べなそうですが

 

塩キャベツであれば

みんなが食いついてくれるでしょう。

 

 

美味しく調理をしてあげて

担当官にアピールしたら

笑顔で食べてくれることでしょう。

 

 

もちろんあなたには

自動的に選考通過連絡が届きます。

 

f:id:hkentaeigyou:20170914174355j:plain

 

そして意見を付け足すだけでなく

評価もしてあげましょう。

 

グループメンバーの意見に対して

プラス評価をしてあげましょう。

 

人間褒められて嫌な人はいません。

評価をするという行為だけでも議論において

かれることは100%ないです。

 

「その〇〇っていう意見◇◇でとてもいいよね」

 

という感じです。

 

ポジティブな評価は

チームの雰囲気を良くし

質の高いディスカッションにしてくれます。

 

グループディスカッションにおいて

ネガティブ評価は必要ありません。

 

 

ポジティブがアナタのチームを

選考通過に導きます。

 

 

こまで苦手克服術と

評価アップ法をちゃっかりお伝えしてきました。

 

 

ただ一つだけお伝えしたいことがあります。

 

『場数を重ねることがスキルアップにつながる』

 

ということです。

 

 

ある程度のレベルなら

テクニックを上手く使いこなせれば

いいのですが

 

自分のモノにするためには

場数で慣れることが一番早いです。

 

 

僕はアナタに

就職活動だけでなく

社会人になっても活躍してほしいです。

 

 

f:id:hkentaeigyou:20170914174447j:plain

 

就活がゴールではなく

社会人になってからも活躍し続けて

欲しいと思っています。

 

 

最後は僕のアナタに対する思いに

なってしまいましたが

 

今回は以上になります。

 

 

回は

『グループディスカッション練習法』

をお伝えします。

 

 

結局いくら情報をお伝えしても

使えるものにしなければ意味がありません。

 

 

インプットアウトプット

 

 

これがアナタが内定に近づく近道です。

 

ではまた次回お会いしましょう。。

 

 

 

 

 

【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com

 

【犯罪的克服法】苦手克服

んにちは

就活サポーターまもるです

 

f:id:hkentaeigyou:20170914162705j:plain

 

今回は僕と同じような人見知りで

 

・ディスカッションをするのが苦手

・話し合いなんて無理

・意見なんて言えないよ

 

 

困っている人に向けたモノになります。

 

・グループディスカッション得意!

・グループディスカッションと言ったら俺でしょ!

 

という方以外は

これから先も読んでもらえればと思います。

 

 

悩み苦しんでいるアナタ

今日でそんな人生とはおさらばです。

 

 

僕なんかでも改善できた方法を

アナタにお伝えします。

 

 

ところで

何故グループディスカッションだけ

苦手克服法お伝えすると思いますか?

 

 

結論から話しますと

グループディスカッションだけは

得意不得意が最も顕著に表れる選考だからです。

 

 

ESは添削などをして事前に操れます。

面接もESを完璧にすれば誘導することができます。

 

 

ただグループディスカッションは

複数の人が関わっているゴキブリのような

選考になります。

 

得意な人はスルスルと選考を通過

不得意な人はゴキブリホイホイ落選です。

 

 

差が一番出てしまう選考になってきますので

苦手意識だけは無くさなければいけません。

 

 

不得意のままでは

発言のできない坂本龍馬像と一緒です。

 

どうせなら時代劇で活躍する

坂本龍馬のような人間になりましょう。

 

 

今回はいくつか苦手克服法を

お伝えしますので自分に合った克服法を

見つけてもらえればと思います。

 

 

☆グループディスカッション克服法

 

f:id:hkentaeigyou:20170914162754j:plain

 

 

①開始前に雑談で関係構築

 

悩んでいるときはまず

『話しやすい空気』をつくることが大事です。

 

 

グループディスカッションは

その場だけしのげればいいモノではありません。

 

グループディスカッションをすることが

わかっているのであれば

 

開始前にラフな空気を作りましょう。

 

 

いきなりピリついた空気のまま

ディスカッションをスタートしても

上手くいきません。

 

 

しかし開始前から

出身学校、部活だけでも知っていれば

初めましてではなくなりますよね。

 

 

議論前にどんな雑談でもいいです。

 

雑談することはアナタだけでなく

グループの就活生も救う事になります。

 

 

普段の私生活の事でなくても

今現在の就活状況だったり愚痴でも

いいんじゃないですか?

 

 

愚痴をこぼすことは

アナタも楽になると思いますし

周りの就活生安心すると思います。

 

 

「私だけが就活で悩んでるんじゃないんだ」

「人それぞれ悩みがあるんだ」

 

 

きっと安心すると思います。

 

共通する話題があれば

仲良くなれるという事は

心理学上でも証明されていますので

 

積極的にどんな切り口でもいいので

話してみて下さい。

 

 

アナタの就活が変わります。

 

 

②傾聴しよう

 

f:id:hkentaeigyou:20170914162832j:plain

 

これは文字通りなのですが

相手の方に身体を傾けて話を聞くことです。

 

 

話を聞くという行為は

話すという行為以上に大切なことです。

 

 

アナタは話を聞いてくれる人

全く話を聞いてくれない人

 

どちらの人と話したいですか?

 

おそらく前者ですよね。

 

 

よく話を聞いてくれる人には

自然と話したくなるものです。

 

 

自分から話すことが苦手場合は

どんな人よりも話を聞いてください。

 

 

具体的には

 

・相手のほうを向いて話を聞く

・適度に相槌をする

・相手の目を見て話を聞く

 

 

周りの就活生はライバルではなく仲間です。

 

自分が自分がとならずに

話を聞くことはとても大切です。

 

 

そして先ほど挙げたものは

話を聞く基本姿勢です。

 

 

しかし客観的に見ると

できてない人が多すぎます。

 

 

話すためにもまずは聞く

 

これがとても重要です。

 

とても簡単で基本のようなことですが

当たり前にできることが就活では大事です。

 

 

聞くという行為が

ディスカッションを良くします。

 

そしてアナタに話す勇気をもたらします。

 

話を聞く

 

これだけです。

 

 

だお話したことはあるのですが

以前お話ししていたように今回のテーマも

二段階構成にさせていただきます。

 

 

次回お話ししきれていない事を

存分にお伝えさせていただきますので

お見逃しなく

 

 

ではまた次回お会いしましょう

 

。。。

 

 

 

 

【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com

グループディスカッション!勝利のコツ

んにちは

就活サポーターまもるです

 

前回はグループディスカッションのコツを

お伝えしている途中でしたね。

 

 

まだお伝えしきれていないコツが

3つもあります。

 

f:id:hkentaeigyou:20170913160608j:plain

 

2つ知れただけで満足していませんか?

 

それでは内定は取れません。

しょうもないブラック企業にしか内定が

取れないと思いますね。

 

 

今までの就活生の意見を含めた

コツになっています。

 

『僕を今すぐに信じろ!』

 

というのはあまりにも無理がありますので

記事の内容を見てアナタに判断してもらえればと思います。

 

 

ただ今まで僕がサポートした就活生のことは

信じてあげてください。

 

 

サポートした就活生を信じるという気持ちで

残りのコツを見ていただければと思います。

 

 

では残り3つお伝えしていきます。

 

 

③議論を整理しよう

 

チーム内のアイデアを上手くまとめることが

議論をとても楽にします。

 

最後の結論の段階などは

かなりスムーズに進むと思います。

 

 

では整理するポイントを

簡単にお伝えします。

 

 

・同じような意見をグループ化しよう。

 

今まで出た意見をA群B群C群とグループ分けすると

議論の焦点が見えやすくなります。

 

格段に意見が出しやすくなると思います。

 

 

・対立点を出して議論するべきポイントを出そう

 

議論を進めていくとある程度

大枠が固まってきます。

 

そして意見がだいたい2極化してきます。

 

2極化になればお互いの良い点・課題点を

出し合いより納得できる結論が生まれます。

 

意見を対立させることは重要です。

 

 

・意見を選ぶ基準を決めよう。

 

意見を出したら評価する必要があります。

 

ですが個人的になんとなく評価するのは

ディスカッションの意味がありません。

 

「効果」「コスト」「実現性」

 

などといった項目を作り評価しましょう。

 

 

・優れたアイデアが複数ある場合は

両者の良いとこどりの提案にしていこう。

 

せっかく良いアイデアが複数出たのに

片方をボツにするのはもったいないです。

 

欲張って両方の良いところを

合わせたイデアに近づけていきましょう。

 

 

議論を整理して

効率の良い議論にして全員合格を

目指していきましょう。

 

f:id:hkentaeigyou:20170913160707j:plain

 

④議論に参加できてない人を無くそう

 

「意見を発言するのが苦手で、議論に参加できない」

という人も多いと思います。

 

ですがこれを簡単に解消する方法があります。

 

「議論が始まる前に他の学生に話しかける」

 

これです。

 

かなり当たり前のようなコツですが

正直これしかないです。

 

自分から殻を破り勇気を出して

 

・大学はどこなんですか?

・出身はどこなんですか

・部活とかやっていたんですか?

 

といったしょうもない会話から始めるしかないのです。

 

少しでもメンバーの情報を知っていれば

自分の意見を出しやすいと思います。

 

 

待っていてはダメです。

 

待ち続けるだけのグループディスカッションを

するのであれば

 

そもそもアナタは就活に向いていません。

 

一歩踏み出すことが

あなた自身を成長させます。

 

 

僕も人見知りをしますが

一歩踏み出したことで人生が変わりました。

 

 

こんな僕にでも出来たのだから

アナタにできないはずがありません。

 

勇気をもって飛び込みましょう。

 

 

そしてアイデアを出す際に

「良い意見を出そう」

と思って参加しないでください。

 

 

自分からハードルを上げることは

地獄への入り口です。

意見を出すこと自由です。

 

意見を全く出さないほうが

罪だという事を肝に銘じて下さい。

 

意見を全く出さなければ

評価はしてもらえません。

 

そして当然

内定なんて程遠い存在になります。

 

 

一歩踏み出す勇気を持っていただければと思います。

 

 

⑤メンバー全員で合格しよう

 

f:id:hkentaeigyou:20170913160742j:plain

 

何度も話していますが

結局はチームプレーです。

 

一人だけ突っ走っても意味がありません。

 

グループディスカッションでは

「発言の多さ」「アイデア数」で

評価されるわけではありません。

 

 

チームがどれだけ良い議論ができたか

 

 

これにつきます。

 

個人で目立とうとせず

チーム全体が良い雰囲気で良い議論をするには

どうすればよいのか考えていきましょう。

 

 

今まで上げたポイントの

 

・意見を上手くまとめる

・空気を読めない人を手なづける

 

といったものは全て

個人ではなくチームに貢献するためのものです。

 

 

参加しているメンバー全員が選考通過できるように

何ができるかを考えていきましょう。

 

 

グループディスカッションなんて

たまたま同じ企業を選考していて

たまたま席が近かった人達の

奇跡的な集団です。

 

 

その一瞬一瞬を大事に

楽しく選考通過できるように

考え行動していきましょう。

 

 

それがアナタを内定へと導きます。

 

楽しく志望企業内定を取るというのが

僕の考え方です。

 

 

どうせやるなら楽しくいきましょう。

 

 

結局前回と同じくらいの文字数に

なってしまいました。

 

今回はこれで締めさせていただきます。

 

 

回は

『グループディスカッション苦手克服』

になります。

 

 

苦手意識をもっていたら

楽しくありません。

 

どうせなら楽しく就活をしよう!

 

 

ではまた次回お会いしましょう。

 

ではまた。。。

 

 

 

 

 

【自己紹介&サポート実績紹介】

↓  ↓  ↓  ↓

hkentaeigyou.hatenablog.com